1971〜1972年作品

ジャンボ・アフリカ

ハラキリ教えます

 ナンパな性根を鍛え直すため、知り合いの道場に居候することになったエディ。師範の孫娘・忍によろめいて浮かれて修業をはじめるが、どうもスジが悪い。切腹の作法も教えてもらったが、むしろ刃物恐怖症になりそうな体たらく。
 ある日気分転換に、忍はエディを誘って鶴岡八幡宮へ出かける。武道上達のお守りをもらい、その忍の優しさにエディは心揺らす。帰り道、忍はとなり町の道場のチンピラに絡まれ、勢いで果たし合いをするハメになる。折悪しく師範のおじいちゃんが倒れ、エディがガールフレンドのパーティーに出かけている時にチンピラが押し掛けてくる。10人もの男どもにひとり立ち向かう忍だったが…。

にせの新婚さん

居比里が丘の決闘

 母親を早くになくした水本家では、高校生の実(みのり)が家事をきりもりしていた。ある日、兄の正直がお嫁さんを連れてきた。主婦業から開放されると大喜びの実だったが、義姉のとも子さんのために部屋をあけなければならなかったり、仕事が全部なくなってしまったりで不満も感じる。だんだん腹に据えかねて報復に出るが、敵は一枚も二枚も上手で太刀打ちできない。ヤケになってナンパしてきた不良と遊びに出るが、そこでもとも子さんに助けられる。家の中で、ひとり拗ねてお義姉さんを受け入れられていなかった自分と違い、とも子さんは努力して新しい家に馴染もうとしていた。実の勘違いを責めもせず、おおらかに接してくれるとも子さんを、実ははじめて「お姉さん」と呼べそうな気がした…。

ただいま混線中

学園のシンデレラ

占い師が恋をしたら?

おでんおばさんとスパゲッティにいさん
   (ジュニア小説挿絵 作:草鹿 宏)

がんばらなくっちゃシリーズ 1
    
いらっしゃいませ!

 列車の食堂で働く双葉は3級ウェイトレス。退職と同時に病の床に臥せってしまったお父さんにかわり、お母さんはりんご園の手伝いで家計を賄っている。双葉は幼い兄弟の面倒を見ながら家計を助けているが、たまには自由な時間がほしいと思わないでもない。同級生だった客室乗務員の山岸くんと励ましあいながら、いつもハツラツと仕事をこなす双葉。ところがその山岸くんに気のある資産家の小室さんにバカにされ、働きを認められての2級昇進も仲間にねたまれるだけ。つらい毎日に耐えきれず仕事を辞めようとする双葉だったが、お客さんの役にたて、励まされ、やる気を再燃させる。折しも開催された全国ウェイトレスコンテストに出場、画策されたいやがらせに適切な対処をし、晴れて優勝の栄誉を手にする。山岸くんもまた、新幹線常務の機会を得、ともに日本一を目指す誓いを新たにするのだった。

がんばらなくっちゃシリーズ 2
   K・O!!ヤンキー少年

 150年ののれんを誇る、和ふとん製造販売店大野屋。一人息子の兄さんが出ていって、娘のえみが跡を継ぐことになった。ベッドの普及でどんどん衰退していく和ふとんメーカー。おまけに従業員の横領で、500万の借金を負うことになってしまった。何とか期日までに返済しないと、店をたたまなければならなくなる。しかも返済相手は巡り巡って商売敵の米国ベッドメーカー「ハニーベッド」。来日している支社長の息子、ディビッドは、えみの見事な黒髪にほれ込んでベッドのCM出演を依頼する。最初は徹底抗戦覚悟で拒否していたえみだったが、借金返済の期限を延ばしてもらえると聞いてしぶしぶ了承。大手デパートでのキャンペーンに立つが、司会者の一方的な和ふとんバッシングに耐えきれず、逆に和ふとんを売り込んでしまう。CMの取引きが成立しなかったため、ディビッドは店舗明け渡しの交渉に大野屋に赴く。その夜大野屋で寝ることになったディビッドは、和ふとんの安楽性を見直し、新装ホテルへの入荷を薦めてくれる。大野屋はハニーベッドと技術提携を交わし安泰。ディビッドはえみにだけわかる言葉で愛を語り、一時アメリカに帰っていくのだった。

ウルフガール(狼少女)サチ

 学園内で番を張る吉田のグループ。内気なサチはいつも標的にされ、暴力にあっていた。教師も恐れて手を出せずにいる。「このままでは彼らが増長するだけ。校内新聞で彼らの悪事を白日のもとにさらし、断固反対して動きを封じよう」とサチは生徒達に団結を呼びかける。たび重なる妨害工作に唇をかみしめるサチ。力がほしいと願うサチに、母親が父の形見だと言ってペンダントをくれた。これをつけていれば勇気が湧いてくる。大胆になれる。まるで別人のように動きまで機敏になった。下校途中、またしても吉田グループに襲われたサチは、満月を見て狼に変身する。裏にはびこる校内の不正を正すまで、サチは闘う決心をするのだった。

がんばらなくっちゃシリーズ 3
   はーい とりました!

大当り!ラッキーガール

アイ・アム奥さま

さようならニキビちゃん

 ニキビに悩む圭子は花もはじらう中学生。通学途中に毎日すれちがうかっこいい高校生に憧れているけれど、こんなニキビ顔じゃ挨拶もできない。親友の芳美は色白の美人。いとこの功は彼女にゾッコンで、圭子はいい引き立て役になっている。そんな圭子と芳美が連れ立って帰宅途中、あの高校生とばったり遭遇。なんと芳美が彼に一目ぼれしたと言いだした!あせった圭子はニキビを治そうとあの手この手の涙ぐましい努力。そんな圭子の乙女心を知ってか知らずか、芳美はあの高校生と親睦を深め、その進展ぶりを逐一報告してくる。ニキビ撃退がままならない身としては気が気じゃない。とどめに芳美と彼がデートの約束をしているところを目撃してしまって…!

愛と幸せの贈物(プレゼント)

 田舎から東京に出てきた朱美。目的はひたすら愛する慎ちゃんとの結婚持参金を稼ぐため!上京するなり寸借詐欺にひっかかり、ちょっとショック。でも気を取り直して幼なじみの紀代ちゃんの紹介で喫茶店で働くことになった。遊びにも行かず、休みもとらず、守銭奴と言われながら1年で30万円を貯め込んだ朱美。ウェディングドレスも結婚指輪も買ったし、あとは残った現金10万円を持って慎ちゃんのもとへ帰るだけ。…と思った矢先に、指輪をだましとられ、穴埋めしようとした現金もなくなり、絶体絶命。折悪しくそんな時に慎ちゃんと頑固なおばあちゃんが上京してきた。とりあえずアパートに案内したら、そこは間違えて紀代ちゃんの部屋。何もかも揃っている豪華な部屋に感心する慎ちゃんたち。これは誤魔化し通すしかないと腹をくくったものの、紀代ちゃんが帰ってくるしその彼氏が訪ねてくるしでもうしっちゃかめっちゃか。
 結局全部バレちゃったけど、慎ちゃんは朱美のその優しさがあればいいと言ってくれた。さすが、朱美の婚約者。よくわかってくれてます。

さすらいジーンズ

 あこには繰り返し見る夢があった。優しそうな女の人に抱かれて荒波が打ち寄せる夕日の海を見ている夢。どこか懐かしい思いはするものの、思い当たる記憶はない。
 夏休み直前、学校の帰りにたまたま寄った写真展。その作品の中に夢の風景と似た写真があった。能登半島だという。早速休みを利用して旅行を計画するが、行き先を聞いた両親の猛反対にあう。その夜、父親から出生の秘密を聞かされたあこは、本当のお母さんに会うため、そして世間体ばかり気にして自分のことを考えてくれない母親への反発もあって、家を飛びだしてしまう。ヒッチハイクをしたり風邪で倒れたところを介抱してもらったり、さまざまな経験をしながら金沢まで辿り着く。偶然知りあった写真家の好意で、度のきっかけとなった場所まで案内してもらい、人づてにお母さんを探し当てる。しかしお母さんには今の生活があり、あこを喜んでは迎えてくれなかった。衝撃を受けるあこ。東京のお母さんはこうなることをわかっていたのかもしれない。あこが傷つくことを恐れ、能登行きを反対したんだと。東京に帰る決心をしたとき、お母さんが迎えに来てくれた。あこは、それが自分のさすらいの終着点だと知るのだった。

夢の島の23万円

 奈々が転入した中学のクラスは、それぞれ自分のことしか考えないクラスメートばかりだった。友達もできず、馴染めないまま夏休みを迎えようとした日、奈々の妹・ミキが心臓病で入院する。9月までに100万円用意しなければ、両親の念願だった店を失うことになる。家の手伝いをしながら奈々は、配達先で雑用の手間賃をもらうアルバイトをはじめる。お高いクラスメイト戸村さんの家のパーティーで働いたり、早朝から犬の散歩に行ったりとひたすらがんばる奈々。そんな奈々の事情を知った戸村さんとその取り巻きは、夏休み中知り合いのレストランでのアルバイトを買ってでてくれた。わがままだと思っていた彼女たちの好意で、何とか23万円が貯まる。しかしそれを両親に手渡す前に、ごみといっしょに夢の島に運ばれてしまった。妹のためだけじゃなく、はじめて友達と呼べる人と助け合って手にしたお金。どうしても失うわけにはいかない…。清掃車に追いつけず途方に暮れる奈々に、乱暴者のクラスメイト・中瀬くんが協力、夢の島で23万円を探し始める。ごみを投棄した範囲が広く、とても見つけようがないとあきらめかけたとき、クラスのみんなが駆けつけてくれた。戸村さんやガリ勉の日野さんが働きかけてくれたのだ。日が落ちる頃、ようやく23万円は見つかった。それはバラバラだったクラスが、はじめてひとつになった瞬間だった…。

トコとろくでなし

 トコが友達からもらってきた子犬・ロックは、器量の悪いできそこない。保健所で殺されてしまうと聞いてだまっていられず、家族にナイショでウチに連れてきたものの、やんちゃ盛りで手に負えない。アッという間に家族にみつかってしまい、みんなの猛反対にあう。お姉ちゃんのネコと大ゲンカしたりトコの布団でおしっこしたり…。ロックとしてもトコが学校に行ってる間、つながれてお留守番なんてガマンできない。匂いをたよりに中学校にたどりついたはいいが、そこはお兄ちゃんのクラスだった。ポルノ雑誌の弱みをネタに、唯一トコが味方につけていたお兄ちゃんだったのに、憧れの葉山さんに嫌われたせいで見捨てられてしまった。
 テストの成績は下がるし家の中は荒れ放題。ママの怒りはついに爆発。前の持ち主に帰してきなさいと言い渡されてしまう。でももうロックと離れることなんかできない!トコはロックとふたりの家出を決意する。空き地で途方に暮れていた時、犬に襲われかけている葉山さんに遭遇。ロックは果敢に立ち向かい、凶暴な成犬に勝利する。勇敢なロックをお兄ちゃんも見直してくれた。しかもどうやらロックは紀州犬らしい。大きく育ったらきっと立派な犬になるだろう。…でもまだ今は、イタズラ好きのろくでなしロックなんだけどね。

つむじ風の日記

 小学生のナオは日記の宿題が大の苦手。いたずら好きの性分が巻き起こす毎日の出来事も、彼女にとっては事件じゃないらしい。お姉ちゃんの結婚問題で家中ドタバタ。ナオが絡むとつむじ風が巻き起こる。転んでもホネを折っても、その勢いはとまらないのだ。そんなナオも、最近は日記を書くのが楽しみになってきてるとか。もしかして日記に書くために騒動起こしてない…?

お泊まりはこちら!

 真美(まさみ)と幹(みき)は白沢スキー場で諍いあうホテルと民宿の跡取り。真美の父・三谷は悪どい商売でスキー場の利益を独占しようとし、幹の父・森本の始めた民宿組合と確執が絶えない毎日だった。幼いころから互いをライバル視させられてきた真美と幹は、そんな村の空気に辟易していた。東京から来た身勝手な金持ちに振り回されて諍いがエスカレートし、ついに幹は真美とともに東京に出ることを決心する。東京で成功して、いつか戻ってきたときにこの村を変えてやる…!約束の日、東京から来た客が吹雪に遭い、行方不明になる。その捜索に狩り出された幹は、身勝手な都会の人間にこの村を汚させてはいけないと気づく。自分たちが逃げてしまっては何も変わらない…。真美もまた、約束の谷で幹を待ちながら自分の気持ちを見直していた。大自然の中では人間の諍いなどとるに足りないもの。大好きなこの山とこの雪を、幹とふたりで守って行こうと…。