1975〜1978年作品

特ダネや〜い!PART1

特ダネや〜い!PART2

最後の特ダネや〜い!

ようこそロンドンへ

カラコロと…

あしたは日曜日

ペペおばさんの涙

 動物愛護センターの新米・加藤は、気に入らないと犬にあたりちらし、掃除やエサやりも放ったらかしといいかげんな仕事ぶりで先輩職員の不信を買っていた。美貌の事務員、小坂さんに憧れて就職しただけに、犬猫への愛情などないも同然。そんな態度を見かねた獣医・井上は、センターの主(ヌシ)、ペペおばさんの犬舎に加藤を閉じこめる。きかん気の若者を慰めるように、雨の中つきあってくれるペペおばさんを見ている内、加藤は動物への愛情を感じ始める。ある日、規則により薬殺されたテリアのもと飼い主がペペおばさんだけを特別扱いしていることに抗議したことから、ペペおばさんもまた、薬殺されることになる。「人間だからって他の動物の生死を決めていいハズがない」と叫んで泣き崩れる加藤。井上の「センターを辞めてしまうかもしれない」という危惧とは裏腹に、やがて彼は獣医になる決意を固めるのだった。

メシあがれ!

わが同志!

ちいさな島の仲間たち

アラジンのランプ

あなたは笑うよ

山河あり