2002年9月

[661] コメディもシリアスもいいですよね。水紀:2002/09/25(Wed) 23:22

あの頃のコメディ、泣くほど笑いました。
一番笑ったのは『つむじ風の日記』か『おみまいなあに』だったかも(いらかの島津さんは別格)
やっちゃん。ラストシーンではやっぱり、さようならって手を振って旅立った・・・そんな感じですね。
自分のHPの中では適当にこじつけてハッピーエンドを考えたりもするんですが(人はそれを妄想という)これはうーーん。やっちゃんは。せっかく上手く行きそうだっただけに悲しいですね。
でもあの母犬も子犬を思ってのことだから、責めるのも辛い。辛いお話でした。


[660] 見ましたせろりー:2002/09/25(Wed) 08:51

早速、本を引っぱりだしてみました。ホント!同じですね。でも名前が三郎と壮吉でした。兄弟かな?
「特ダネやーい」の五木ちゃんとか「ブラックリストno.1」の男の子(名前忘れた)とかのキャラが好きですネ。あの時期のコメデイ、いいですね。もちろんシリアス物も好きです。涙ものといえば「五つの指の歌」、泣けます。あのやっちゃんがかわいくて、
よけいに涙をさそうんです。あの作品は泣かずに読めたことないです。
(やっぱりやっちゃんは死んじゃったのかな、、、、。)


[659] 修学旅行水紀 :2002/09/23(Mon) 23:46

中学の修学旅行を選べたんですね。
私たちはもう先生方が勝手に決めた会津に行きました。
実は日本海を見たのは就職してからで、能登にも行きましたが、その頃にはさすらいジーンズは頭にはなかったですね。うらやましいです。
さすらいジーンズのカメラマンと木枯らし泣いた朝のDJはとっても似てると思いませんか。確か苗字も同じだったような・・・。


[658] 詳しく調べたらせろりー :2002/09/23(Mon) 13:47

さっそくの歓迎ありがとうございます。作品年表でしらべたら71年の『ウルフガールさち』を読んで、その後少しとんで72年『さすらいジーンズ』からはずっと『いらか*』までよんでました。(歳がばれますね)『さすらい、、、』のあと中学の修学旅行にどこ行きたいか、という話し合いで能登の希望を!さらに『まどいわ』見たい!の希望も通りhappyでした!


[657] にんにく讃歌水紀 :2002/09/23(Mon) 03:52

はじめまして、せろりーさん
ここの常連の水紀と言います。
にんにく讃歌は単行本未収録の3作くらいのオムニバスの漫画だったんですよね。
で、その前が『赤き血のしるし』でした。
私が大ファンになったのはそのもう少しあとの『木枯らし泣いた朝』からですから、せろりーさんは先輩ですね。
別マ時代のお話もさせていただけるとたのしいなあって思います。こちらこそよろしくお願いします。


[656] はじめましてせろりー :2002/09/23(Mon) 03:16

はじめまして。このページをみつけてすっごく興奮しました!私も大の河あきらファンなんです。にんにく賛歌かその少し前くらいから別マを読みはじめて、即ファンになりました。でも、いらかの波以降は単行本になった作品しか知りません。河せんせいのいろんな情報を教えてくださいね。よろしくお願いします。


[655] 『WONDER』の続編ゆーり :2002/09/22(Sun) 01:31

こんばんは、めるさん、みなさん。
ご無沙汰してます。
お変わりないですか?
『WONDER』の続編の情報、すごくうれしいです。
また、彼らに会えるなんてサイコーです。
かなパパさんのカキコ、見たんですけど、読み方が結構きびしいですよね。
それも、河さんへの愛情ですね。
あれを読んで、もう一度読み直してみました。
私には、やっぱりすごくおもしろかったです。
(あのシーンに関しては、水紀さんの解釈と同じです。
男女の読み方の違いかしら?
ま、なんでも良いほうに取りたいってのかしら)
絵に関しては、今の絵好きだし、それほど深くは考えずに、ただ楽しみたい、それが私の読み方だから。
これも、私なりの愛情です。
ともかくうれしいことです。
三原さんの本は、たった今申し込みました。
今からどきどきしてます。
(また、あの作品に出会えるなんて・・・・)


[654] もしお休みがとれたら水紀 :2002/09/21(Sat) 18:35

かなパパさん
お花のお寿司ご家族で楽しみながら作られたらいかがですか、上手く形が出来なくても楽しいですよ。
茜ちゃんの制服、文庫本の『いらかの波』の2巻に河先生の写真で見られますね。(証明写真程度ですけど)
みけらさん
寄り合いとか祝い事〜。
そうなんですよね。作る家によってお花の形が違ったりして親がもらって帰ってきたのを喜んで食べた記憶もあったりして。
めるさん
素敵な主婦たち12月号(11月1日発売)と1月号に『WONDER』の続編がのるそうです。
アンケートの結果が良かったとのことなのだそうです。
かなパパさんも言われてた不満だった点が今度の前後編で解消されるとうれしいのですが。
今から11月が楽しみです。
復刊さんから三原順先生の本が出ますね。
めるさんはどうされます?私はメールが来たその日に申し込んじゃいました〜。
12月の発送が今から楽しみです。
それからお仕事大変みたいですね。
レスはいつでもいいですよ。何よりもお体に気を使ってあげてくださいね。
あ、かなパパさんも。
実を言うと私もちょっとだけ忙しくなりました。
(同僚が産休に入ってから毎日残業〜)


[653] 食べてみたいかなパパ :2002/09/15(Sun) 10:19

花のお寿司、千葉の太平洋岸ではありふれものだったんですね。
「いらかの波」を読んだ時はきっと珍しいものなんだろうと思っていました。
それにしても食べてみたい…。
みけらさん
西金駅、気になったので読み返してみました。
渡の育った育成園の最寄り駅でした。
(MCは今手元にないのでKCスペシャル版です)
高校生になった茜ちゃんの制服姿って似合ってると思っています。
(だから萌え〜ってわけじゃないんですが)
当時セーラー服じゃない制服ってまだ珍しかったんじゃないでしょうか。
大阪は公立高校はセーラーじゃなかったけど、あんまり色気のある制服じゃなかったですね。


[652] ご挨拶が後になってしまってすみません。みけら :2002/09/13(Fri) 14:22

以前から時々覗かせていただいてました。
どうかよろしくお願いします。
>かなパパさん
手許にコミックスがなく確認できなくて申し訳ないのですが、西金駅は茜の高校の最寄り駅ではなく、彼女が学校の用事か何かで出かけた先の他校の最寄り駅だったような記憶があります。
あの高校の制服は近所の高校の中では一番可愛かったんですよ。
>水紀さん
そういえば千葉県の太平洋岸だけのものみたいですね、お花のお寿司。お祭りとか寄り合いとかお祝い事のたびにどの家でも作っていましたっけ。私が作れるのは、私以外に作り手がいなかったので必要に迫られて、というだけのことですよ〜。


[651] 名産というか水紀 :2002/09/12(Thu) 19:43

かなパパさん
お花のお寿司は、うちの実家の方では(千葉の太平洋側です。)受け継がれた家庭料理って感じですね。
ただあれを千葉の人が全部作れるかと言うとどうでしょう。
うちの母は作れますが私は簡単なものしか作れないです。
難しいのは・・(抽象的な模様のお寿司が出来てしまいます)
みけらさま
千葉県民の水紀と言うものです。宜しくお願いします。
お花のお寿司が作れる。すごいです〜。私は母の手ほどきの元でしか作れません〜。(不器用なんです)


[650] 花のお寿司かなパパ :2002/09/11(Wed) 23:52

はじめまして、みけら様。
こちらでは元!常連のかなパパと申します。
最近は忙しくてあまり書き込みにはきていませんがよろしくお願いします。
堀西高校の制服って河先生の母校の制服だったんですね。
あの制服姿の茜ちゃんにちょっとクラクラっと(^_^;)
で、その最寄り駅がモデルということはやっぱり舞台は千葉県?
水紀さん
ご紹介いただいたページをみました。
ところでみけらさんも書いておられますが花のお寿司ってもしかして千葉県の名産なんですか。
それとも千葉県民は全員作れるとか。
大阪で言うタコヤキみたいなモンなんでしょうか。
(大阪でどの家庭にもタコヤキプレートがあるというのは本当です)
あ、でもめるさんが書いておられるように花のお寿司は一般的ではないからやっぱり千葉ではないのかなぁ。


[649] 今日もどふらいん :2002/09/10(Tue) 22:55

めるねぇさま
 今日も6個体、遊離してます。
 1mmくらいのがすごい勢いでピコピコと・・・(かわいいっ)。
 前に遊離したコたちも10mmになりました♪
 現在涼しい場所で23℃(ま、東北の気温ですけど・・・)になりました。
 もうすぐですよ〜。
水紀さん
 1年って早いですねぇ・・・。
 ついこの間アップしたばかりのような気がしていますよ。
 水紀さんのところも1周年なんですね。
 イベントどうしよう・・・。


[648] 茜の通う高校の制服はみけら :2002/09/10(Tue) 00:43

河先生の母校の制服そのままです。
コミックス持ってないので確認できませんが、「西金駅」という見る人が見たらすぐに分かるもじりの駅も「いらかの波」に一コマだけ出ていました。その駅舎がまた見る人が見れば一目
で分かってしまうほど、某駅そのものです。
その駅は今も外観は殆ど変わりませんが、先生の母校は10年ほど前に女子高から共学になりました。実は私は河先生と同じ町で生まれ育ち、お花のお寿司も勿論作れます。


[647] 地域は水紀 :2002/09/08(Sun) 23:47

めるさま
いらかの波の地域は限定されてなかったですが、ある場所に千葉弁があったりして楽しかったです。
まあ、きっと関東のどこかでしょう。
神奈川・埼玉・東京あたりと思って当時は読んでおりました。
渡ちゃんのおかあさんのお寿司は一番下のが近いですね。
どふらいんさま
順調といえば、もうじき1周年なのですね。
9月13日でしたっけ。あまりの素晴らしさにもう何年も続いてるものだと思っておりました。


[646] 期待です!める :2002/09/08(Sun) 08:22

>どふ先生
おお、順調に発育しているのですね。
10月かあ。
楽しみです〜!!
暑さがちょっと一段楽して、カギノテくんが大きくなってきました。
嬉しい(^0^)。


[645] 途中経過どふらいん :2002/09/07(Sat) 22:14

現在7mm・・・。
 10月頃には1.5〜2cmくらいのお手頃サイズになるでしょう。
 ミズは別水槽で大量生産ちう。


[644] おお!お花のお寿司める:2002/09/05(Thu) 06:21

水紀さん、お久しぶりです〜!
お花のお寿司、まさにこれですね!
四苦八苦する茜ちゃんのおかあちゃんと失敗作をひたすら食べさせられる棟梁の額の汗が思い起こされました。
これがポピュラーじゃないということは、あの町は千葉じゃないのですね(県を特定する部分ってありましたっけ)。
そして小林家のお母さんは千葉出身なのかな?
うう、おいしそう〜。


[643] Re: 遅まきながら「ワンダー!!」める :2002/09/05(Thu) 06:16

かなパパさ〜ん!
御無沙汰してます。
お仕事たいへんそうですね。
かく言う私もここしばらく地獄状態で、レスできずにおりました。
遅くなってしまい申し訳ありません!
「ワンダー!」
お気に召しませんでしたか〜。
うーん、言われてみればそのとおりかも。
私も犬のワンダーの存在はよくわかんなかったですね。
大洋クンの手術の後、なんでいなくなっちゃうんだあ、と思ったり。
水紀さんの言われるように、役目は終わったけど恋しくて帰って来ちゃったのかな?
物語の見せ方は前編でちょっと混乱したかな。
冒頭や航太くんの夢の場面はサスペンスっぽいんだけども、いざ犯人が捕まる段になると全然危機感なかったりして。
サスペンス部分をその雰囲気で片付けないままかおりさんの母性に移行してしまって、ちょっと拍子抜けだったかも。
ハードな部分をハードに見せないのが河作品の特徴ではあるのですけどね。
好きなシーンは後編の3人の団らん。
かおりさんの毒舌に「慣れてるし」って動じない航太くんがおかしい。
思春期で思い煩うことがいっぱいあるのに、ひとを思いやる優しさを持っている男の子にメロメロ。
あと何があっても「深刻になったってしょうがない」とばかりに笑って吹き飛ばすパワーのある女性、それを見守る男性、という図式は永遠の憧れかもしれません。


[642] お花のおすし水紀 :2002/09/04(Wed) 21:53

渡ちゃんのおかあさんの作ったお花のおすし(千葉ではお祭り時に良く食べました)
行楽シーズンです。
運動会・ピクニックなどにいかがですか


[641] お久しぶりです水紀 :2002/09/04(Wed) 19:57

かなパパさん
そうですか。あまり好きになれませんでしたか。
確かに絵柄には私も違和感みたいなものを感じていました。
これはかおりさんと言う奔放な女性のキャラを生かすためかなとも思ってました。
また御指摘の「子供が出来た」のシーンですが周りの男の人の態度からはそう取れますね。
かおりさんをかばう見方をするとすれば、彼女はとてももてるタイプのようなので最初のどよめきは「誰が出し抜いたんだ」というもので、次のほ〜は自分を含めて誰も結局は何もなかったのかっていう・・・。(苦しいかな)
でも女の人たちの態度からは「なんにもなかったんじゃない」といった安心感を感じました。
ワンダー。については不思議な犬としかいえないですね。
家族の危機を感知してかけつけるそんな能力のある犬で役目が終わったので、消えようと思って消えたけど・・・やっぱり日南さんちが恋しくて帰って来ちゃったと。
実は私も不満な点はいくつかあるのですが、航太君のキャラにかすんでしまってました。
結論的には私はこの作品好きです。
次回作にも期待したいです。