2003年10月

[1034] 「はちべえ」に改名しようか・・・あさがお :2003/10/31(Fri) 20:10

水紀さん)またもウッカリ。ご指摘の通りです。二人づれの後姿がビミョーなのがおもしろくて・・・
メルさん)あれこれ話の入り口がみつかりません。以下のアドレスでよかったでしょうか?
http://merly.cool.ne.jp/dengon/arekore.html
近況)6巻まで進んで、浅野君の登場以降、自分のトラウマが見えてきました。自分も実家が不動産屋なもので、友人からチョコットからかわれた覚えがあります。大学では建築に近い方向に進んだりして。照れくささから「いらか〜」を避けていたのかもしれません。
1巻で、「茜がテストの答案を右手で書いていたのは速記の練習の伏線だ」と遠い記憶がわめくのですが、6巻越しの伏線なんてウガッタ見方なのでしょうネ。


[1033] あれこれ話水紀 :2003/10/30(Thu) 01:48

読みました〜。
で、いきなりですが、河先生の言うイサキちゃんってこんな感じ?↓
これだったら金魚みたくてかわいい。

http://cgif.nifty.com/ffish/zukan/zkanmei.cgi?sel_no=0&seq=002339&kisai=1


[1032] もしかして・・・水紀 :2003/10/30(Thu) 01:45

> 「いらか〜」4巻の38ページの2コマ目と、「〜ミナさん!」4巻の22ページの
> 2コマ目
これってミナさんの方が20ページの間違いでは。
そうするとミッチに補導されてるような渡クンと
でかい女にナンパされてるミナさんって感じがにてる感じなんですけど・・・。


[1031] 上京デートめる :2003/10/29(Wed) 22:13

先日河先生とお会いしました。
そのときの調査報告をあれこれ話にアップしておりますので、よろしければ読んでみてください。
ハチャメチャな1日のレポートはまた追って書きたいと思います。


[1030] いらかの4巻38ページ目?める :2003/10/29(Wed) 22:12

あさがおさん
> 「いらか〜」4巻の38ページの2コマ目と、「〜ミナさん!」4巻の22ページの
> 2コマ目をならべてみて、喜んだりしています。お持ちの方は一度お試しください。
う〜ん、すみません、めるにはねらいが読めません。
何か共通点、あります?
「いらか」はマーガレットコミックスですよね?
(文庫でもどうつながるのかはわからないんだけども)
察しが悪くてすみません。(^_^ゞ


[1029] トーン貼りめる :2003/10/29(Wed) 22:03

> ところで、トーンの話ですが、昔ちょっと遊びでマンガ描いたこと
> あるのですが、トーン貼り・・・好きです。
まりいさんもまんが描きされてたんですか〜。どうりでHPのセンスが光っていると思いました。
楽しいですよね。トーン貼り。
私も好きです。でも画面が白いとなにやら強迫観念が働いて、やたらとトーンを貼ってしまうのが私の悪い癖。
でき上がったのを見ると、なんだかもう、やたらにごちゃごちゃしてしまうのですよね。
河先生の画面は適当に明るくしかも背景の書き込みなんかもうるさくなく、すごいバランスだなあといつも思って見ています。
俯瞰なんかはあまり使わないのに、メリハリのあるアングルやコマ割りにも感心させられます。
一度仕事場を拝見したいものです。


[1028] マイペースでごめんなさいあさがお:2003/10/26(Sun) 21:11

「いらかの波」やっとこ4巻まで読みました。
「いらか〜」4巻の38ページの2コマ目と、「〜ミナさん!」4巻の22ページの2コマ目をならべてみて、喜んだりしています。お持ちの方は一度お試しください。
渡くんの感情がちょっとずつ分かりやすくなってきました。お父さんやお母さんと話す言葉が、増えてきて・・・。反抗期の出口のような感じです。


[1027] ありがとうございますっまりい :2003/10/24(Fri) 19:46

めるさん、あたたかい言葉で迎えて下さって
ありがとうございます。
うれしいなぁ・・・・・v
はい、おっしゃるように、無理しないように
やっていきますね(^▽^)
ところで、トーンの話ですが、昔ちょっと遊びでマンガ描いたこと
あるのですが、トーン貼り・・・好きです。
楽しい作業だと思いますっ(≧▽≦)
ので、「先生のお気持ちわかるな〜〜」と言うのと、
アシさんにおまかせという先生が多いであろう中で
そういう感覚をずっとお持ちなのが、なんだか嬉しく感じましたv
作品を読む時に、また違う楽しみで読めますねー。


[1026] トーンといえば・・・あさがお :2003/10/24(Fri) 09:41

ミナさんにもあるのですが、江戸小紋ふうの千鳥が背景に飛んでいるところがあります。ほかの作品でも見たような。
大胆なアシスタントさんだと思っていたのですが、・・・。ああいうのを貼れるのって、楽しいかもしれない。
「いらか〜」3巻途中まできているのですが、ちょっとトラブル中で進みません。


[1025] 祝・カムバックめる :2003/10/19(Sun) 21:17

まりいさん
お帰りなさい〜!
ネット環境の復活おめでとうございます!
angerinaの常連さんもさぞや寂しがっておいでだったのでは?
復帰はとてもとても喜ばしいですが、くれぐれもご無理のないようにしてくださいね。
またちょくちょく顔を見せてくださいね〜(*^O^*)。
新しいPC、うらやましい〜。


[1024] アシスタントさんめる:2003/10/19(Sun) 21:13

あさがおさん
いえいえ、お気になさらず〜。
削除キーっていちいち設定するの、めんどくさいんですよね。
修正はいつでもできますから、これくらい何てことありませんよ〜。
> 河サンにはアシスタントさんっていないのでしょうか? 
これも先日伺ってきました(タイムリ〜♪)。
今、河先生のところではアシスタントさん2名、アシスタントチーフ(同居されているマネージャーさん)1名と、河先生の4人でお仕事をしていらっしゃるそうです。
だいたいネームと下絵はご実家で先生一人でされて、アシスタントさんは背景とか効果とかを主に手伝っておられるそうです。それが終わったら、先生が一人でホワイトを入れたりトーンを貼ったりされるのだとか。
トーンなんてアシスタントさんの作業かと思っていた私はびっくりしたんですが、先生は「あんな楽しいこと、人には譲りません」とおっしゃっていました。
ホントにまんが描くのがお好きなんだなあと感動したりして。
ちなみに細かい作業は任せてもらえず、役に立たないものの例え「修羅場の先ちゃん」は河先生ご自身のことだと聞いて爆笑でした。
手が空いたからカケアミを手伝ったりすると「こんな太い線で描くな」とアシさんから文句が出るのだとか。
イサキちゃんのような「眠くなったらモノにあたる」キャラのアシさんもいて、まさに先ちゃんの仕事場まんまみたいですね。
楽しそう〜。


[1023] 新PCからです♪まりい :2003/10/19(Sun) 18:09

めるさん、みなさん、こんにちは!
ごぶさたしてましたーー。
(新しい方は、初めまして(^▽^))
8月下旬からPCクラッシュのため、ネット落ちしてましたが、
やっと新しいPCを購入し、ネット復帰することができましたー!
また遊びにこさせてくださいね♪
例のトートバッグ、私も「あたれー!」と思いつつ、出しました(笑)。
せめて自分が外れても、ここにいらっしゃる誰かに当たるといいですね。
ウレシイ声が聞けますもの♪


[1022] 無題あさがお :2003/10/19(Sun) 10:55

めるさん、お手間をかけて申し訳ありません。今後は削除キーをかならず書きます。
さて、前々から気になっていたのですが、河サンにはアシスタントさんっていないのでしょうか? ミナさんではあまり気にならなかったのですが、「あしたのシノプシス」や「いらか〜」だとちょっと違うタッチがあるように思うのです。背景の本棚がSFのタイトルで埋まっていたり、群集(?)シーンとか。 ミナさんは小説家の設定なのでアシストさんはいなかったけど、ホントは先ちゃんの仕事場みたいになっているのかも?などと思ってしまいました。


[1021] なつかしいセリフ!あさがお :2003/10/19(Sun) 08:46

「いらか〜」2巻まできました。
「美化」「社交辞令」なんて言葉を、仲間うちで使っていたのが思い出されます。
あの当時は読み流していたのですが、中学生が焼酎を飲んだり、タバコをすったりのは、おどろきでした。今だとPTAが騒ぎそう。
お正月に着物を着たり、お母さんが毎日着物だったり、時代を感じます。連載当時の時代設定ではなく、河さんの学生時代の設定なのかも。
自分の会社に子供を入れたがる父親ってのも、時代を感じます。


[1020] 「WONDER!」第2巻める :2003/10/18(Sat) 17:29

河先生にお聞きしました。
まだ2巻めが発売される話はぜんぜん出ていないそうです。
コミックスが出る前にはデザイナーさんとの打ち合わせや表紙のイラスト仕事などがあるみたいなので、発売はまだまだ先みたいですね。
う〜ん、待ち遠しいなあ。


[1018] 私もめる :2003/10/18(Sat) 17:25

みけらさま
今上京しているんですが、私も千葉県内の高校案内見ました。
たった1行でしたが、喜んでしまいました。
私も来年の学校案内に注目ですね。この1行だけはずっと残して欲しいものです。


[1016] 無題みけら :2003/10/16(Thu) 15:44

>水紀さん
すぐ見つかってよかったです〜。そうか、「声の教育社」のでしたか。
私はこれから毎年チェックしてしまいそうです(笑)、まだ下の子もいるし。


[1015] 声の教育社水紀 :2003/10/15(Wed) 23:44

みけらさん
みてきました〜。すぐに見つけましたよ。
電話帳くらいの大きさと言うのがヒントでした。
さすがにその一行だけのために1800円の本を
買う気にもなれないので千葉県外の方にお見せする
ことが出来ないのがザンネンです。
で、後の人のためにそのページに販売カードをしおり
代わりに挟んでまいりました〜。(^◇^)


[1014] 明日本屋で見てきます水紀 :2003/10/15(Wed) 00:16

みけらさん
ありがとうございます。明日本屋さんによって探してみます。お子さんは今、3年生ですか。早く春が来るといいですね。
>ただ、出版社を失念してしまったので(ごめんなさい、結局別の出版社のを買ってしまったのです)
大丈夫です。電話帳くらいの厚さって言うので探して見ます。ご親切にありがとうございます。<m(__)m>


[1013] 亀レスですが…みけら :2003/10/14(Tue) 14:04

流れを止めてしまったらごめんなさい。
>めるさん
>「生徒からのコメント」欄、他にどんなことが書かれていたんでしょう?
>河先生の紹介などにも触れられているのでしょうか?
残念ながら、先生についてはあの1行だけでした。そもそも5、6行しかスペースがないんです。
でも、こういった本は毎年あまり内容が変わらないのに、去年はなかったその1文が今年は加えられている
というのは快挙だと思います。
他には「『シンプル』がモットーなので制服もシンプル」とか、数年前から共学とか、その程度でした。
>今はもうその張り紙はないのでしょうか?
残念ながら、私が中学生の頃に剥がされたようです。「いらかの波」連載時にはもうありませんでした。
今こそあってしかるべきなのになぁ、と思った記憶があります。
>水紀さん
千葉県内全域と、東京都のある程度の規模の書店にならあると思います。
あとは茨城県の千葉県よりの地域でもあると思います。
電話帳のような厚さの「千葉県高校案内」というようなタイトルの本が毎年何種類か出ますよね?あれです。
ただ、出版社を失念してしまったので(ごめんなさい、結局別の出版社のを買ってしまったのです)、
何冊か見比べてみてください。私は丸善で見かけました。
>かなパパさん
うちの主人も今年後厄なんですが、怪我などで急に病院とご縁が出来ました。
そういう年回りってあるのかも知れませんね。お互い、もう何もありませんように。
今後ともいろいろ教えてください。


[1012] かなパパサンでどうでしょうか?あさがお :2003/10/14(Tue) 12:30

〉〉かなパパサン
ちょうど敬称の使い方に困っていたところ。自分のカキコミでは同じ相手にも「さん」や「さま」が混在で、さらにかんじんの「河さん」には「先生」や「さま」を使ってなくて・・・・。
なぜ「河さん」かというと、昔の別マの欄外に「河サン」なんてカタカナ表記があって、そのまま慣れてしまったような気がします。敬称というよりは愛称といった感じなのですが、「かなパパサン」でも良いですか?
「ヒゲクマさん」みたいかな〜?
ちょっと仕事が混んできてますが、「いらか〜」今夜から2巻に入ります。
〉〉双葉社サン、今のタイミングで「WONDER2巻」がでたら、きっと毎月購読者になれたのに。途中を飛ばして次を読むのは、なんかこわいぞ〜。丸Cの確認にきていたら、早く出してください!!


[1011] Re: 著作権める :2003/10/14(Tue) 08:09

なるほど、そうでしたか〜。
すみません、ちゃんと勉強せずに適当なこと書いちゃっいました(^_^ゞ。
かなパパさん、フォローありがとうございます。
> でも非公式サイトといいながら「河のある風景」は作者公認サイトと言ってもいいくらいの認知度ですね。
> これからもがんばって下さい。
ありがとうございます。
河先生に見守っていただいている分、ご迷惑のかからないように心して運営していきたいと思います。
出来の悪い管理人ですが、これからもよろしくお願いします。<(_ _)>


[1010] 著作権かなパパ :2003/10/14(Tue) 02:44

>本来マルシーマークを入れると著作権料を支払うことになるようなんですが
これは違います。
許諾を与える際に版権を管理するところが使用料を請求することがありますが、マルcマークを入れたからといって必ず支払わなければならないという事はありません。
今回のように出版社のご好意によって払わずにすむ場合もあります。
また著作権法上の引用の要件を満たしていればマルcを書こうが書くまいが使用料を支払う義務はありません。
マルcですが、著作権法上は任意表記となります。
つまり許諾を受けていても表記するかどうかは自由となります。
もちろん許諾を受けている場合は表記するのが慣例ですし、表記を義務付けた契約もありますが、気を使って書いても表記ミス(例えば順番を入れ替えるとか名前を間違えるとか)すると法律違反となります。
許諾を受ける際には書き方をきっちり確認するのが必須です。
マルcはその著作権や版権がどこにあるかを示すだけのもので許諾したかどうかを示すものではありません。
現にマルcを表記している海賊版なんてのも結構あります。
マルc表記している=正規品、と単純に考えると被害を被る事があるので気をつけた方がいいです。
でも非公式サイトといいながら「河のある風景」は作者公認サイトと言ってもいいくらいの認知度ですね。
これからもがんばって下さい。


[1009] Re:トキかなパパ :2003/10/14(Tue) 02:23

子供の頃、富山県にわずかに生息していたトキを保護しようとする地元の子供達のドキュメンタリー風のお話を書いた本を読みました。
「トキのいる村」だったかな?
結局最残った二羽を捕獲して佐渡の保護センターに送らざるをえなくなるのですが、いつかトキが増えてもういちど富山の山の上を飛ぶ事を夢見て協力するというような終わり方で泣いてしまいました。
あの本のせいでトキというと佐渡よりも富山の方が印象が強いです。
純国産のトキはいなくなりましたが、DNAは保存されていますし、韓国や中国のトキも遺伝子的には違いがないそうですから、今後の繁殖活動がうまく行って、いつか野生のトキが飛ぶ日が来る事を信じています。

>航太の万引き
ちょっとネタふりが判り易すぎですね。
誰が見たって航太の従兄弟でしょう。
むしろ航太自身という方が意外でおもしろいかもしれないけど、キャラクターからいってもあり得ないですよね〜。


[1008] お返事です。かなパパ :2003/10/14(Tue) 02:12

あさがおさん。
 そうですねー。
元生徒会長が強烈すぎですね。
あのカーテンシーンがその後の「いらかの波」を決めてしまったかも・・。
それと「あめふり日記」ですが、例えば「WONDER!」」にも通じる家族をテーマにした群像劇の多分最初の連載だと思います。
このプロトタイプが「にぎやか丼」かな?
連載の頃からすごく好きで、主人公の真の性格なんかは鼻につくのに愛読している作品です。
ところで「かなぱぱさま」は止めませんか(^_^;)
様付けされるほど偉くはないです>自分。

みけらさん
  おお!ご無沙汰です。
お元気そうでなによりです。
私はこの夏はもうボロボロでした。
こんだけいろいろあったら今後十年はなにもないと思っているのですが。
今後ともまたぜひお話しましょう。

yumihan♪さん
 ネットでのお付き合いは確かに難しいですね。
顔が見えない分、文章で受ける印象が全てになってしまうので誤解を受ける事も多いです。
自分自身の文章力の低さにも嫌気がさす事もしばしばです。
でも心の負担になるのではネットに繋ぐ意味がなくなってしまうので、バランスを測りながら書き込んだりしています。
あんまり考え込まずにyumihan♪さんも読むだけでも十分だと思いますよ。
 私などからは何も言えませんが、ご無理なさらずできれば又お姿をお見せください。


[1007] まるしーめる :2003/10/13(Mon) 21:04

この度、「WONDER!」の画像に関してはすべてマルシーマークを入れることになりました。
双葉社さんで関連グッズ(トートバッグ)を作ったことで、何かと著作権がらみの問題が発生するかもしれず、事前に対処しておく必要があるのだそうです。
本来マルシーマークを入れると著作権料を支払うことになるようなんですが、こちらのサイトに使っている画像はマークを入れることで双葉社さんに認可してもらっているという証明のようなものだそうです。
本来使えない画像をこころよく使用させていただき、その上このようなお心遣いをいただける「河のある風景」は幸せものです。
感謝を胸に、これからも頑張って運営していきますのでよろしくお願いします!


[1006] 締め切りまであと半月。める:2003/10/13(Mon) 20:50

あさがおさん
ハガキのアンケートは私も毎回困ってます。
好きな作品は決まっているんですが、他はあまり読まないので…。
もっと困るのが「好きな読みもの」ですね。
しょうがないから『表紙』とか書いたりして(表紙は読み物じゃねーだろ、とかツッコミつつ)。

> 年齢は問うのに性別を問わないのは、この雑誌ならでは出すね。
おお!
それは気がつかなかった!
そういえば性別を書けとは書いていないですね〜!
ここはひとつ、男性読者もいるということをアピールしてください。
希少価値でプレゼントがあたるかもしれませんよ!

> 「いらか〜」の1巻を読みました。渡の性格の破綻については、あまり感じないのです。
> となりの家にもっと破綻しているひとがいるためかも。
わはははははははははっっっっっっ
す、すいません、爆笑してしまいました。
口数が少なくて感情が読みにくいというのはそうですね。
某編集さんに「渡はクライ子」と言われちゃうような。

> 生徒会長がカーテンにくるまってるコマが1巻にあってびっくり。あの強烈なコマは、第2部あたりだと思い込んでました。
ええもう、いきなりですわ。
あのシーンは殊の外印象的ですね。
どんだけ笑ったか(今思い出しても笑える)。
そしてあのシーンで多数のファンをゲットしたんですね、島津さんってば。
何を隠そう、水紀さんもその一人でございます。
2巻以降の感想もお待ちしています。


[1005] 私も感想める :2003/10/13(Mon) 20:30

> あさがおさんが言われてるように連載になってほのぼの感が増したみたいで私も好きです〜。
ホントですよね。
コミックスでまとめて読むとキツイという意見がありましたよね。
連載になって、日南家はこれから毎月事件にまみれた日々を送るのか!?
とドキドキしましたが、こういう展開はいいですね!
みやちゃんがおいたしたり、ワンダーがハツラツしたり、大洋とかおりサンがケンカしたりという日常ももっと見ていたいです。
すごいお母さんも登場したことだし。
そらそーと、畑中さんって小林クンのお父さんみたいなキャラですごく親しみが沸くんですけど〜(*^O^*)。

> 万引きしてるのは多分、あさがおさんが言われてるように家出した大洋のおに〜さんの息子でしょうね。
ですね〜。
だって航太が万引きなんかするわけないじゃん〜。
めるは信じてるっっ・

水紀さん
トキのニュース、私も見ました。
老衰ではなく頭部挫傷だったみたいですね。
佐渡を幾つめかの故郷と思っておられる河先生は、さぞ残念に感じていらっしゃるでしょうね。
キンは死んでしまったけど、中国からお婿入りしたトキとの間に生まれた二代目三代目がどんどん繁殖してくれることを願います。


[1004] やっとハガキが出る!!あさがお :2003/10/13(Mon) 19:04

〉〉めるサン、水紀サン
 プレゼントハガキの好きな作品・嫌いな作品がかけずに困っていましたが、お二人のご意見を参考に書きます。さすがに、年齢は問うのに性別を問わないのは、この雑誌ならでは出すね。問題は、男名前でかいて除外されるかどうかです。やっぱり偽名かな?

〉〉かなパパさん
 「いらか〜」の1巻を読みました。渡の性格の破綻については、あまり感じないのです。となりの家にもっと破綻しているひとがいるためかも。ただ、口数が少なくて感情が読みにくい。茜がいうバカは「子供っぽい」とイコールなのだと思うのですが、そればかりでもないような。久米先生の「肩身のせまい家」説も、やっぱりちがうような。結局、渡自身もわからない「自分探しの物語」なのかも?
生徒会長がカーテンにくるまってるコマが1巻にあってびっくり。あの強烈なコマは、第2部あたりだと思い込んでました。このコマ、あのセリフ。20年ぶりなので新作気分で読んでいても、強烈なディテールは結構覚えているものですね。


[1003] トキ水紀:2003/10/12(Sun) 14:56

最後の純粋な日本産のトキ死んでしまいましたね。
トキ草子のお話好きだったので残念です。
この日が来るのはわかっていましたが、やっぱり悲しいです。せめて中国から来たトキたちがこれからも無事に成長してくれればと想います。


[1002] 今月号の感想水紀 :2003/10/12(Sun) 14:27

>ワンダーの登場人物が増えていて、チョットびっくり。ジジババが加わって、
>事件ものよりも家族ものの印象が楽しいです。
あさがおさんが言われてるように連載になってほのぼの感が増したみたいで私も好きです〜。
かおりに誤解された畑中さんを慰めるワンダーもいい。
ワンダーと航太のとこへお散歩を誘いに行くみやちゃんもかわいい。
あざのないトシヤくん、ちゃんとバイバイが出来るようになったのもかわいいです。
酔った畑中さんを労わる航太のやさしい瞳めろめろです〜。

万引きしてるのは多分、あさがおさんが言われてるように家出した大洋のおに〜さんの息子でしょうね。だって航太と着てる服がビミョーに違いますもん。
さて・・・素敵な主婦たちのおすすめですか。
めるさんが挙げた2点のほかは、生活美人姉妹と家族にうれしい晩ごはん、これは役に立つと思います。
ワイドショー好きならうすうすワイドもいいかも。
あとは・・・暇つぶし程度に読んでおります。(作者の方すいません。)わたなべまさこさんについては家の母よりも年上なのに頑張ってるなあとエールを贈りながら読んでおります。

みけらさん
千葉県高校入試情報誌は、そのへんの書店で売っているのでしょうか。私も探してみます。


[1001] Re: 御無沙汰しています〜♪(*^_^*)める :2003/10/10(Fri)

yumihan♪さん
こんにちは、お久しぶりです。
相変わらず大変なようですね。
河先生の情報が元気の素になるとしたら、とても嬉しいです。
あまり頻繁に更新は出来ませんが、これからもあたたかく見守ってくださいませ。
掲示板にも新しくたくさんの方が来てくださって、こうしてもり立ててくださっていますので、また調子の良いときに顔を出してくださいね。
お大事にしてください〜。


[1000] Re: 今年の千葉県高校入試情報誌める :2003/10/10(Fri) 08:13
みけらさま
ご無沙汰してます。お元気ですか〜。
河先生の身近な情報をありがとうございます。
先生の出身高校というと、先生が講演デビューされた学校!?(おっと、またミナさんと混同してる)
「生徒からのコメント」欄、他にどんなことが書かれていたんでしょう?
河先生の紹介などにも触れられているのでしょうか?
うう、気になるうう〜!
> ひょっとすると、ご店主は先生とお知り合いだったのかもしれませんね。
先生、常連さんだったかもしれないですね〜!
今はもうその張り紙はないのでしょうか?
その店主さんに当時のお話を伺いたいものです。(*^O^*)
[999]
「すてきな主婦たち」オススメ作品める :2003/10/10(Fri) 08:00

「あめふり日記」表紙の真くんが美しくて好き〜。
> 偶然いっしょになった人物の群像劇って河さんの得意技なのだけど、キャラのいきのよさがとても好きです。
ホントにそうですよね〜。
それぞれのキャラクターがちゃんと個性設定されているというか、テキトーに描かれている人物がいないんですよね。
だからみんなに愛着がわいちゃうんじゃないでしょうか。
> せっかく買った雑誌ですが、ワンダーだけ読んで寝かせてあります。他にオススメがあったら教えてください。
私もあまり他の作品は読みません(^_^ゞ。
唯一「ふまんたれブー」は面白いと思いますが、かなり女性ならではの視点なので、男性には納得しずらいかも。
「のんちゃんの手のひら」は、きっと感動できますよ。
でも連載ものだからなあ…。
おもしろい作品は、毎月しっかり購入している水紀さんがお詳しいかも。


[998] Re: 11月号める :2003/10/10(Fri) 07:46

かなパパさん
さすが、スジガネ入り。
あさがおさん、ここまで開き直らないとイカンみたいですよ〜。
でもレディス雑誌は女の私も購入に気合いが必要です。
近所のスーパーで食材と一緒にごまかしながら買ったりして。
MAYのときはまだよかったんですけどねえ…。

> プレゼント告知は写真が小さくてむしろラッキー!
> 心の中で「誰も応募するな!」と叫んでおります。
なるほど。
うむうむ、そういう考え方もありますな。
でもあんまり応募者が少ないと、人気に比例すると考えられて連載期間が延びないとも限らず、悩むところであります。
トートバッグの応募ハガキはガンガン来て、でも自分にはちゃんとあたりますように、というムシのいい望みを持ってたりして。


[997] 御無沙汰しています〜♪(*^_^*)yumihan♪ :2003/10/08(Wed) 18:14

めるさん、大変御無沙汰しております。m(_ _)m
ネットでの人間関係の難しさにかなり心を痛めた時期が長く、今はネットを自ら遠ざけている私ですが、ここのサイトだけはいつも拝見しています。新しい常連さんも多くいらっしゃって、まためるさんの努力の賜で、ますます素晴らしいサイトになっていますよね。影ながら応援させて頂いております。
私個人は、河先生にファンレターを出すといった形の初期の頃の熱いエールを送ることはなくなったものの、河作品の情報はここから得てひっそりと先生のファンでいたいと願っています。
いろんな方の書き込みを見るのはとても楽しみなので、体調の許す時はちょくちょく寄らせて頂きますね。
めるさんと皆さんのご健勝を、心よりお祈りしております。
PS;6月末から体調が悪化して、ICUと個室を行ったり来たりしていますが、今のところ何とか生き延びております・・・。


[996] 今年の千葉県高校入試情報誌みけら :2003/10/07(Tue) 15:22

お久しぶりです、大分以前にちょろっとお邪魔しました、河先生と同じ市出身の者です。先日、息子用に県立高校の入試情報誌を選んでいたら、中の1冊で、先生の出身高校の「生徒からのコメント」欄に、「漫画家の河あきらさんは本校出身」とありました!
先生のお名前が若い世代にもちゃんと語り継がれているのだと思うと嬉しかったのでご報告に参りました。

>かなパパさん
その節は大変お世話になりました。お譲り頂いたご本は本棚の一番いいところに
置いて大事に読み返しております。お怪我など大変だったのですね、もう大丈夫ですか?どうぞお大事になさってください。
それと、河先生のおっしゃる「近所の本屋さん」はFという書店で、現在も営業しています。
私が小中学生だった頃、Fには「T市出身の漫画家」という貼り紙があって、河先生と立原あゆみさん、のなかのばらさん(同一人物?)のお名前が心なしか誇らしげに書かれていました。
ひょっとすると、ご店主は先生とお知り合いだったのかもしれませんね。


[995] 破綻ではないけれど・・あさがお:2003/10/05(Sun) 14:02

〉〉かなパパさま
「いらかの波」よりさきに、「あめふり日記」を読んでいます。買った当初には何度か読んだのですが、10年ほども死蔵していました。「あしたは日曜日」に続く、河さんの「アパートもの」シリーズ第2作と勝手にきめていたところ。アパートなり学校なり病院なり町会なりで、偶然いっしょになった人物の群像劇って河さんの得意技なのだけれど、キャラのいきのよさがとても好きです。
渡くんの破綻は、ちょっとおくとして、「セリフが少ない割には、行動量が抜群に多い」ってのが、自分の過去の印象です。行動の意味が読めそうでよめないハガユサ。20年ぶりの再会なので、多少はこちらにも理解力が増強されているはずかな?
〉〉「素敵な主婦」の先輩読者各位
せっかく買った雑誌ですが、ワンダーだけ読んで寝かせてあります。他にオススメがあったら教えてください。


[994] 11月号かなパパ :2003/10/04(Sat) 15:08

>そのうちかなパパさんみたいに動じない購入ぶりを見せられるのでしょう。
いや〜、そんな事ないですよ。
今回も近所の少し大きい本屋さんで買ったんですが、お店に入ってすぐレディコミコーナーに直行。
5冊あった11月号を全部見て一番綺麗なのを物色。
それを片手で持って別の雑誌を探してうろうろ。
なかったのでDVDコーナーに行って新製品のチラシを探し
それからコミックコーナーで新刊を眺めてからレジに足を運ぶという
もうドキドキものでした(どこが?)

今号は見開きカラーが嬉しかった。
プレゼント告知は写真が小さくてむしろラッキー!
心の中で「誰も応募するな!」と叫んでおります。

あさがおさん
「いらかの波」今読むとちょっとキツイかも。
渡の性格が破綻してますからねぇ。
(私は思い入れが強いので全然問題ないのですが)


[993] みなさんめる :2003/10/03(Fri) 23:08

無事11月号を入手されておりますね。
あさがおさん、ドキドキの初体験ですね。そのうちかなパパさんみたいに動じない購入ぶりを見せられるのでしょう。
私も2日、仕事帰りに近所のスーパーでゲット。
ここは毎月1冊しか入荷しないので、早いもん勝ち、争奪戦なのでございます。
水紀さんが河先生に聞かれたとおり、見開きカラー(しかも巻頭!)でしたね。
例のプレゼントの予告を楽しみにしていたのに、えっ、こんだけ!?とゆーよーなちんまい画像でした。
靴をあんなに並べるならもうちょっとおっきな写真にしてくれてもいいじゃん〜!どこにも売ってない特別企画なんだからさあ〜!とジダンダジダンダ。
とりあえずあたりますようにとハガキを出しました。
30人限定じゃあ、当たりにくいですね。う〜む。


[992] 買えましたあさがお :2003/10/03(Fri) 13:05

11月号を無事に買えました。
まんがの単行本とSFマガジンくらいしか買ったことがないもので、店員さんがちょと不思議そうな顔をしてました。
ワンダーの登場人物が増えていて、チョットびっくり。ジジババが加わって、事件ものよりも家族ものの印象が楽しいです。
本屋のそっくりさんは、家出したイトコなのでしょうか?


[991] 布製バック水紀 :2003/10/02(Thu) 19:33

11月号買いました〜。
めるさんのお知らせどおりWONDER1巻の表紙絵が(裏にはワンダーのかわいいワンポイント)プリントされた布製バック30名サマにプレゼントだそうです。いつもの自分にごほうびのプレゼントの中のひとつになっているので買わないと応募出来ません。
立ち読み派の皆さんも今回は買いましょう!


[990] 訂正!あさがお :2003/10/01(Wed) 10:41

「アラジンのランプ」は、「COM68年6月号」で佳作入選でした。掲載ではありませんでした。「だっくす'78 12号」の28ページの記載です。
また、この「だっくす」の人気投票では、河さんが作家部門37位、いらかの波が作品部門36位にランクインしています。第二部の連載中の時期のようです。