2003年11月

[1061] 更新〜。める :2003/11/29(Sat) 10:57

水紀さんに提供していただいた「雪のマフラー」の雑誌掲載時の二色刷り表紙をアップしました。
こちらには原作者の名前が書かれていたんですね。
単行本収録時と違う表紙で、お宝です〜。
作品リストの赤ポッチからご覧ください。

作品解説(じゃなくてあらすじ紹介!)は「おねえさんと一緒」をアップしました。
幻の11〜15話も紹介しています。

読むたびに思うんですけど、梓の存在がどんどん軽くなっていってますよね。
「らびあん」のママの恋愛騒動が物語のメインを占めているような。
まあ、もう相愛の関口先生との関係に波風立てたって大きな変化はないですし、それよりもママをいじった方が面白いのは事実ですけどもね。
何がひっかかるって、ハルの態度ですよ〜!
ずっと梓のこと大事にしてたのに、高校入学の件はひどい。
(※読んでいない方へ‥‥高校には行かないと言っていたハルが、突然池里ジュニアと同じ高校に行く気になって、梓も知らないうちに合格。入学費用はらびあんのママがお祝いがわりに出していて、梓はそれすら知らされていなかったんですよ!)
はじめっから頼りない母親ではありましたけど、梓は梓なりにちゃんとハルのこと考えていたのに、ハルのしうちはあんまりです。
梓が関口先生とうまくいっちゃってヤキモチやいて拗ねていたのかなとも思いますけど、このあたりのハルの心理が明らかにされないと納得できないんですよね。
人見先生と関口先生が仲良くしてるの見て怒ったり、梓が傷つかないように走り回ったり、家出したはいいけど一人でいる梓が気になってしょうがなかったり、という頃の(める的に超ツボの)ハルはどこへ行ってしまったの〜!?
…というのがこの4年、サイトを立ち上げてからずっと言いたかった「おねえさんと一緒」の感想です。
読んでない皆さん、失礼いたしました。<m(__)m>


[1060] 島岡さんの話める :2003/11/29(Sat) 07:53

> 今となっては、島岡さんが航太くんに語らないと、誰にもわからない話なのですが、
> そういう和解したシーンがいつかは見られるといいなぁ〜。
航太が何のこだわりもなく島岡家と日南家を行き来できるようになったら…。なんてことも思いましたが、今でさえ日南家に遠慮したり気を遣ったりしてる航太ですから、しばらくは望めそうもありませんね。
もっとずっとオトナになって、いっしょに酒を飲めるくらいになったら語ってくれるかもしれません。
今回の海斗のやったことは許せませんが、島岡さんと日南家とのつながりが絶たれていないと知ることができたのはちょっと嬉しい。
航太自身は島岡さんを恨んだりしていないと思うし、いつかホントに腹割って話せる日がくることでしょう。

> 大洋のお父さんは、船乗りサンなのでしょうか? 大洋、航太、海斗。
私も気になってました。
航太のお母さんがおじいさんのこだわりを理解していたら、息子にそれらしき名前をつけてもおかしくないですよね。
お母さんは「美也」だから、男の子だけ海関係なのかな?
海斗のお父さんの名前も知りたい〜。


[1059] 今月のワンダーめる :2003/11/29(Sat) 07:44

> 大洋君の親ばかぶりが見ていて楽しい!
> そのくらいみやちゃんが愛くるしくてたまんないですが。
そうなんですよね〜。
深刻な話持って帰って来てるのに、みやちゃん見たら忘れちゃうんですもん。いいぞ、大洋!

> 今回の台風の目は海斗くんですね。親から大事に甘やかされて育ったんだろうなあ・・・そう思わせるキャラですね。
航太も相川くんのこと思い返していましたが、同じ部分がありますね。
相川くんは自分だけが不幸だと思っているし、海斗は置かれた境遇が不満だし。
バカヤロウ、航太を恨むのはお門違いだろう!と殴ってやりたくなるんですが、ああいうのを見ると自分と照らし合わせてしまいますね。
自分にもそういう部分があるの、わかっているから。
航太がいい子なだけに耳が痛いというか、我が身につきささります。

> 「借りは返す」・・・人間として大きくなって航太の前に出たい。
> そういう心のあらわれであってほしい。そう思うのはあまいですかね。
私もそう望んでいます。甘いのかもしれないですが…。
この先航太に面倒が降りかからないといいんですが、もう心配で心配で…(^_^ゞ。


[1058] Re: どうにか10位める :2003/11/29(Sat) 07:34

あさがおさん
> ワンダーの解説、ありがとうございます。単行本1巻と「すて主婦」11月号がなんとかつながりました。
おお、お役に立てましたか!
それは何よりでした。
では今後も勇気をもって「すれきな主婦たち」毎月購入?
あと数日で「トートバッグ」当選者発表ですね。
知っている名前はいくつあるでしょう。
トートバッグといえば、「WONDER!」の連載記念で特別企画なのかと思ったら今月は名香智子さんでしたね。
なーんだ、これから順繰りに各作家さんのが出るのか、とちょっとがっかりしてしまいました。

> 超初級クイズは10位ランクインできました。
おめでとうございます〜!
読破した甲斐がありましたね。
数字問題は5つの中から正解をみつけるまでに時間がかかりますよね。
渡くんの受験番号とか、模試の点数とか、あのへんは要チェックです。

> 今は勝手に、「いらなの波」の20年後に思い巡らしています。
以前こちらでもそんな話がありましたね。
渡くんが小林工務店のバン転がしてたりとかって話が…。
島津さん、お母さんがアレだからきっと大丈夫ですよ。
男性美顔エステとか行ってそう。
20年経ったら小林のお父さんもけっこうな年ですよね。
あ、なんかいろいろ心配になってきた(おバカ)。


[1057] 富島健夫める :2003/11/29(Sat) 07:22

お日野さんおすすめの「富島健夫」読んでみました。
たしかに「吉田とし」さんよりちょっときわどい感じです。
あのセリフ回しが独特で、現代の小説やまんがに慣れている私はつんのめりそうになるんですが(^_^ゞ。
あの後あちこち探しているんですが、なかなかその他の「吉田とし作品」が見つかりません。
でも「柾実くんシリーズ」のルーツを見つけるまで諦めません!
めざせコンプリート!


[1056] お母さんと島岡さん! 自分も読みたいッスあさがお :2003/11/25(Tue) 12:58

水紀さん》
自分も読みたいと思っていました。 今となっては、島岡さんが航太くんに語らないと、誰にもわからない話なのですが、そういう和解したシーンがいつかは見られるといいなぁ〜。
大洋のお父さんは、船乗りサンなのでしょうか? 大洋、航太、海斗。 でも航太は親戚の人も知らないうちに生まれていたのだから、お祖父さんが名付け親では変かな? 


[1055] もうすぐ師走ですね水紀:2003/11/23(Sun) 17:34

早いですね〜。もう今年もあとわずか。
ということで、12月号のWONDERの感想。
大洋君の親ばかぶりが見ていて楽しい!
そのくらいみやちゃんが愛くるしくてたまんないですが。
今回の台風の目は海斗くんですね。親から大事に甘やかされて育ったんだろうなあ・・・そう思わせるキャラですね。
航太から通帳を突きつけられて、一喝されて何も言い返せないあたり、まだ救いはありそうな気もします。
「借りは返す」・・・人間として大きくなって航太の前に出たい。そういう心のあらわれであってほしい。そう思うのはあまいですかね。
気になるのは彼が航太の振りして言った「ありがとう、おとうさん」ですね。
これは、航太にも島岡さんにも罪な一言だったと思います。
航太にとって大切な家族は血のつながりよりも、必要なときに傍にいてくれる心のつながりのあるほうなので。
まあ、血の繋がった父親として、別の意味で、大事にしているのだと思うのですけどね。
島岡さんもぬか喜びさせられたのは痛かったんでは、ないんでしょうか。島岡さんの人となりがわかんないんで、断言は出来ませんが、彼も悪い人じゃないと思うんですよね。
航太のおかあさんと島岡さんの恋物語も読んでみたい気がします。


[1054] 20年後・・・水紀 :2003/11/23(Sun) 17:11

あさがおさん
>生徒会長はコジワを気にしてないか?
わはははは。島津さんが鏡を見て悩む姿見てみたいですが
島津さんのことですから、顔に刻まれた年輪が渋くて美しい
と自己陶酔の世界に行っちゃってる気がしますね〜。(^^♪
棟梁には生きていていただきたいと思っておりますが
それも現役バリバリで。って棟梁はいくつになるんだろう。

続編ですか・・・。
庄司陽子さんの「生徒諸君」大谷博子さんの「由似シリーズ(星くず)」は続編がでてますね。
生徒諸君のほうは・・・書かないで欲しかったそういう
思いが強いですね。
由似の方は大谷さんの作品の根っこがわかるので、まあ
いいかなって・・・感じですが。
ただね、大谷さんの作品はいい人が多すぎて切なくなる
んですよね。現実はこう上手く行かない。
そう思ってしまう社会が悲しいと言うか。
って


[1053] どうにか10位あさがお :2003/11/22(Sat) 13:16

めるサン)
ワンダーの解説、ありがとうございます。単行本1巻と「すて主婦」11月号がなんとかつながりました。

超初級クイズは10位ランクインできました。
今は勝手に、「いらなの波」の20年後に思い巡らしています。
本当に「あかい瓦屋根」の家は建っているのか? 
小西の家は大型量販店に負けていないか? 
生徒会長はコジワを気にしてないか? 
棟梁は生きているのか? 
西郷さんちのこどもはちゃんと母親似でセーフか?
前に、最終回ばかりを集めた雑誌がありましたが、続編を書き下ろしで集めた企画本なんて・・・出でないでしょうね。別マの同窓会企画とかで、昔の作家さんが揃い踏みなんて、泣けてしまうのだけど!!


[1052] わが同士のお日野さん水紀 :2003/11/20(Thu) 21:23

>コバルトってすんごくえっちな本だと思っていて、意識的に避けてたんですよね。
あははは、そうですね。お日野さんが言う「トミシマタケオ」は特にその傾向強かったですね。
特に妄想癖のある水紀としても煩悩が膨らむ描写でした。

>小説ながら、まんがを読んでいるような錯覚を起こします。
そうですね。すごく読みやすかった記憶があります。
だから中学時代、友達との貸し借りも多かったですね。
私も今度古本屋を覗いてこよう。


[1051] ありゃ。める :2003/11/20(Thu) 08:17

水紀さま ツッコミありがとうございます。
そうでした〜。
吉田としさんでした。ごめんなさい〜。
私が中学生だった頃はコバルトってすんごくえっちな本だと思っていて、意識的に避けてたんですよね。石頭のカタブツだったもんで。今読むと新鮮ですね。
若い熱情だとか心の揺れだとか、今失ってしまったものを目の前に取り出して見せられているようで。恥ずかしいような懐かしいような、不思議な感覚です。
小説ながら、まんがを読んでいるような錯覚を起こします。
河先生が昔描かれた未読作品を読んでいる気分にもなりますね。
ちょっとしばらくのめり込みそうです。


[1050] ちょっとつっこみ水紀:2003/11/20(Thu) 06:23

めるさま
>こないだ河先生にお聞きしたのですが、これはジュニア小説の吉井としさんの小説をまとめて
>読んだ時期で、かなり影響を受けているとのことでした。
え〜と、中学時代コバルトシリーズの愛読者だったわたしより一言。「吉井とし」先生ではなく、「吉田とし」先生では?読みたいですね〜。ああ、中学時代の私に借りに行きたい〜。(ドラえもんがいてくれたらなあ。)


[1049] 「柾美くんシリーズ」の解説める:2003/11/19(Wed) 20:55

もアップしました。
こないだ河先生にお聞きしたのですが、これはジュニア小説の吉井としさんの小説をまとめて読んだ時期で、かなり影響を受けているとのことでした。
そこで私も3冊ほど読んでみたのですが、まー面白いほど共通点があります。
「きみはその日」という作品の登場人物はみんな“ヨッコちゃんシリーズ”に重なって、ヨッコちゃんやハデ美の顔が浮かんできます。
時期的には“柾美くんシリーズ”の前に“ヨッコちゃんシリーズ”を描かれているし、こちらもヒントにされていたんだなあと。
いやあ、いろんな作品のルーツが見えて面白いですよ。
吉井としさんの小説は、当時のウブでシャイな青春てんこもりでくすぐったいような気分になります。
ぶ厚い本でもあっという間に読めちゃいますので、古本屋さんで見かけたらみなさんもぜひどうぞ!


[1048] 「WONDER!」の解説める :2003/11/18(Tue) 11:34

をアップしました。
解説というよりはあらすじですが…。
ミナさんのときに喋りすぎたので反省したのです。
作品リストからたどってください。
壁紙の犬は、実はワンダーじゃなく犬(ケン)サンです。
お手紙の封筒に描いていただいたものです。
なのでマルCはつけておりません〜。(*^O^*)


[1047] 「河のある風景」める :2003/11/18(Tue) 08:35

水紀さん、あさがおさん
ありがとうございます(*^o^*)。
秋の風景を自分で描きたかったんですが、私には無理でした〜。
なので、咲月さんに画像をいただいたんですが、あれは秋田のブドウ畑なのだそうです。
「河のある風景」でしょ?(^.^)
あさがおさん、クイズの超初級はどうでしたか?
私もそろそろ答えを忘れてきてるのでチャレンジしてみようかなと思ったりしております。


[1046] 秋らしい秋みつけたあさがお:2003/11/15(Sat) 12:03

TOPの秋の風景と航太くんのコラボ、涼しげで良いです。このところの天候不順できうつだったのが、すっ飛びました。父親のいなかの秩父の景色にも似ているような・・・。
いつのまにか「いらか〜」を読了。やっと河さんクイズ超初級に挑めます。掲示板でお名前を見ないランキング上位の方が結構いらっしゃいます。河サンファンの裾野は、やっぱり広大です!!


[1045] 早速お邪魔v咲月 :2003/11/12(Wed) 07:29

めるさま、おはようございます。
お知らせありがとうございました。早速拝見いたしましたv
サイトのTOPページを飾れるなんて光栄です♪
これからもドンドン使ってやってくださいねvでは(^_^)


[1044] いいですねえ〜水紀 :2003/11/12(Wed) 05:01

TOPの航太君、いい感じですねえ〜。
一緒に旅をして途中まで来た所で「疲れてない?」
なんて声をかけられたような〜妄想爆裂ですわ〜。
「これは…?」の余計なお世話解説楽しいです〜。
航太の目には三角の光(?)がいつもはいってるなあというのはきずいてましたがあのように可愛い解説つきだとうれしいですねえ〜。
河先生のムーミン好きもわかって嬉しい。 


[1043] 更新です。める :2003/11/11(Tue) 21:02

久しぶりにお宝のページを更新しました。
ちょっと面白いお宝ですよ。
それにともなってトップページも換えました。
航太の立つ背景は、次元さまHPでお世話になっている咲月さんが撮られた秋の風景です。
咲月さま、写真の使用許可、ありがとうございました〜!


[1042] というわけでめる :2003/11/06(Thu) 12:18

「ちゅらさん」見てます。
毎回新鮮に泣かされています。
ただ、さすがにずっと見ていると河先生が「どの登場人物も同じように喋る」と言っておられたのがよくわかります。
見直してみると女性キャラの性格がかぶってるのがわかりますしね。
私は言われるまでわかんなかったですが、こういうところを読み取れる先生は、やっぱりモノを作る目をしておられるなと感心したり。
そういった面でも原作つきのものを描くってのは難しいんでしょうね〜。


[1041] 「ちゅらさん」ビデオめる :2003/11/05(Wed) 21:06

このたび、我慢できなくなって「ちゅらさん完全版」のDVDを購入しました。
なので、以前BSで録画して保存していた第14週のみの「ちゅらさん」をご希望の方がいらっしゃったらお譲りします。
第14週は例の河先生が描かれたイラストが映る回を含んでおります。
その週だけなのですが、コミックスで内容をご存知の方はかなり楽しめるかと思います。
私的には全話の中で、この週の話がいちばん感動できると思っております。間違いなく泣けますぜ。
というわけで、ご希望の方、先着1名さまにお譲りしますのでメールでご連絡くださいませ(^.^)/。


[1040] あ、嵐ですか(^_^ゞ。める:2003/11/05(Wed) 20:59

>あさがおさん
読んでいただいてありがとう。
そしてナットクしていただいてもっとありがとう。
そうなんです、そんな経緯だったのです。
人気作家大集合のしおり!
ぜひ拝見させてください〜!
河先生関係ないけど。


[1039] あれこれ話!ナットクのあらし! あさがお :2003/11/04(Tue) 20:44

あれこれ話(3)読ませていただきました。(4)も半分くらい。
今はまだななめ読みですが、今度じっくり読みます。
「雪のマフラー」はやっぱりそんな原作だったのですか。登場人物のノリがわるいのもナットク。
頭のわるい小学生の自分には、ぜんぶ読みきりはうれしかったのですが、石頭編集長にのせられていたとはトホホホ。
白泉社は、そういう訳だったんですか。突然の集団移籍を不思議に思ってはいたのだけど、四半世紀後の今になってナットクしてしまっています。
「花とゆめ」の初期は出版社の垣根を越えた長嶋ドリームチーム状態。この間、昔の「花とゆめ」の付録のしおりが出てきて、三原順さん、いまいかおるさん(フーちゃんの作者)、森川久美さん、木原敏江さん、坂田靖子さんなんかが一緒くたになっていました。


[1038] うっかりと言うか水紀 :2003/11/04(Tue) 00:22

今月号読んでない皆さんごめんなさい。
1人で読み間違えて1人で受けてることがあるんでちょっとだけ。
日南家の夕飯時、大洋君が出張から戻ってくる。
夕飯のおかずはすき焼き。みやちゃんが大洋君に声をかける。
『しきらきれしよ、ぱぱー。』
この時、私はこれを『しらたきですよ。パパ』と読んでしまい。大洋君はすき焼きの白滝しか食べさせてもらえないのかと勝手に勘違い。私も相当なうっかりものです。


[1037] 表紙める :2003/11/02(Sun) 19:17

私も昨日、朝から近くのスーパーで買ってきました。
早速今月号の表紙と予告カットをアップ。
今月号の海斗くん(おお!変換できた!)、背格好は航太に似てるけど顔は大洋に似てますね。
キレナガの目…。
今後に心配を残すけど、とりあえずもうちょっとの間は内容話さずにガマンする。
航太、ファイトお〜!


[1036] 納得。める :2003/11/02(Sun) 10:42

>水紀さん
> ミッチに補導されてるような渡クンとでかい女にナンパされてる
> ミナさんって感じがにてる感じなんですけど・・・。
なるほどお。
そこでしたか。言われてみれば。
イサキちゃん、拝見しました〜。
普段サカナをかわいいと思う習慣がないので、大写しで出てきたときはびっくりしましたが、うーん、そう思って見るとかわいいかも。

>あさがおさん
あれこれ話は河川敷公園の過去ログの中にあります。
今回の上京の話は(3)〜(5)です。
が、河先生に伺ったなぞ解きの話は(3)だけで、あとはディズニーランドでバカやってるレポートですので、はしゃいで舞い上がっている姿に興味がなかったら飛ばしてください〜。
できるだけ河先生のエピソードを子細に書き記したつもりなんですが、田舎もんが遊園地でおのぼりさんしている記録なだけのような気もしますし…(^_^ゞ。


[1035] うっかりは私も多いので水紀 :2003/11/01(Sat) 18:11

あさがおさん
いえいえ、久しぶりにミナさん4巻を引っ張り出して確認したんです。最初はわたしもめるさんと同様に?だったんですが。出しっぱなしにしてた本を最初から読み返して「あー
ここだ〜」と発見して嬉しくなったもので。また楽しいシーンがありましたら、教えてくださいね〜。
素敵な主婦達12月号。朝早くからコンビニ行ってgetしてきました〜。