2004年3月

★ 人気ありますね / 水紀 No.129 - 2004/03/30(Tue) 23:25
お久しぶりです。苅西 誠 さん。
ちゃらさんは家族じゃない人たちが一風館に集まって心を通わせていくところが好きでした。
再放送ですか。パート3が出来るとか。そのための再放送かしら。
コナンくんは録画して何度も謎解きの前を繰り返し見て犯人を当てると言うのはいかがでしょうか。


★ ちゅらさん / 苅西 誠  No.128 - 2004/03/29(Mon) 09:00
ども、御無沙汰しております。
本日午後7時半より、ちゅらさん再放送。娘が大喜びしています。(娘だけ?)
NHK衛星第2放送。
今日から毎日7時半は衛星放送になりそうです。(笑)
コナンくんはどーしましょ。


★ 河先生から / 水紀  No.127 - 2004/03/26(Fri) 21:28
河先生からファンレターのお返事をいただきました。
大洋君の転勤について
河先生のお姉さんの御主人が何度か単身赴任の経験があったので深く考えずに大洋君の転勤を決めてしまったそうです〜。(T_T)
先生の思ったよりも反響が大きく驚かれているそうです。

WONDER!2巻について
今回の掲載予定は3話と4話(前・中・後編)に未収録の「あわせて150」という作品が載るそうです。
前回1巻を買うのに本屋を4軒まわりましたので、今回は早々に予約をしてきました。今から楽しみです〜。


★ いらっしゃい〜。 / める  No.126 - 2004/03/24(Wed) 08:05
眞吾さま
はじめまして。
せっかく書き込みしてくださったのに、お出迎えが遅くなってしまってすみません。
(あさがおさん、ありがとう〜)
ようこそ河のある風景へ!
娘さんが茜ちゃん!いいですね〜!
息子さんには渡くんと、ぜひ!
河先生の作品にはすばらしいものがいっぱいありますから、ぜひとも他の作品にもチャレンジしてみてください。
そしてよろしければ感想などをお聞かせくださいね。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


★ ただいま〜。 / める  No.125 - 2004/03/24(Wed) 08:00
長らく留守にしてすみません。
大洋くんの転勤に衝撃を受けて、傷心の旅に出ていました(ウソ)。
大洋くんの転勤については、まさに水紀さんのおっしゃる通りでして。
本当の親子じゃなくても本当の家族にはなれる、というのが根っこにあるお話で、そばにいて見守っている、寄り添っているという姿が鍵だと思っていたもので、離れていくとは思いもしなかったんですね。
今までの海斗の万引き騒ぎとか、航太の進路なんかはまだ展開に予測がついたんですよね。
それが今回はまったく思いも寄らないストーリーで。
ショックでしたね。ものすごく。
冷静になって考えれば、傍にいることだけがつながりじゃないんだとわかるんですが。
今まで日南家の中でも思うところのあった航太が、家族に遠慮してしまう時期を乗り越えたからなのかなという気もします。
いろいろ考えさせられた第6話でした。
1週間後に発売の次の号を楽しみにしたいと思います。


★ 大洋くんのスネた顔 / あさがお(はち・ぽち・St) No.124 - 2004/03/23(Tue) 00:52
たまに家に帰ってくると、みんなが仲良くしていて、話題に乗り遅れた大洋君がスミっこでスネているなんて姿が目に浮かんでしまいます。
ふと思い出したのですが、航太の実父も単身赴任していたんですよね。
大洋くんには、実父さんのようにややこしいことのない、単身赴任者のカガミのような暮らしを送ってほしいものです。ゴミ出しの日も間違えないような、立派な・・・・。


★ 絶叫の謎。(ネタバレあり) / 水紀  No.123 - 2004/03/22(Mon) 00:16
>「なるなんてえええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっっ!!!!!! 」
>の言葉を残して、なぞの失踪?
なぞの失踪!!_(_ _)ノ彡☆ばんばん!(この言葉にウケてる)
めるさんは航太の入った温泉を求めて失踪されたのでしょう。
え〜めるさんの驚きは、今朝のニュースでいかりや長介さんの訃報に際していかりやサンが死んでしまうなんて死んでしまうなんてえええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっっ!!!!!
と驚いた、私と同じ心境でしょう。(多分)
(今時の日本、単身赴任は当たり前、新幹線通勤も珍しくないですが、)
私の見解ですが、「WONDER!」は、家族とは・・・ほんとの家族じゃなくても、他人同士でも寄り添って生きてゆけることの温かさみたいなものを感じていました。
なので、その家族から大洋くんが、離れていってしまうことは考えもしてなかった事なんですね。
最後の航太の言葉が大洋くんにとって意外だったのと同じ様に、ほんとに意外な展開でありました。
ただ今回、冒頭から家族の絆をあらわすかのような、梅の香りの効果線(点描など)で離れていても繋がって行く人と人との絆が描かれていたようにも思えて、河先生のこれからの展開に期待もしてるんですけど。
めるさんの見解もそろそろ聞きたいですね〜。
めるさ〜ん、桜が散るまでにはお出ましを〜。
そういえば、かなパパさんもお元気でしょうか。お姿が見えないと後厄が終わっていないのかな・・・と心配になってたりして。


★ めるさん。直りましたか? / あさがお(はち・ぽち・St) No.122 - 2004/03/21(Sun) 23:10
3月2日のカキコいらい、このページの主(あるじ)のめるさんが、長期不在です。
「なるなんてえええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっっ!!!!!! 」の言葉を残して、なぞの失踪?
もう4月号発売から3週間、今ならネタばれしても時効。意味深な絶叫の訳をおしえてくださ〜ぃ!


★ 繁忙期!? / あさがお(はち・ぽち・St) No.121 - 2004/03/19(Fri) 23:25
シンゴさん、よろしくお願いします)
自分は、「あさがお」という中年男性です。
第2子のご命名の際には、「航太」君と「きまり」ちゃんを是非!

河川敷公園のみなさん)
ご多忙の時期ではありますが、みなさんお元気ですか? 
4月17日を楽しみに繁忙期を過ごしています。
1年の稼ぎの50%を、1〜3月で稼ぐ商売のため、深夜のコンビニ店員さんと馴じみになってしまいました。河センセの本をさがす気力も今はありませんが、4月になったらオークションページをひらきまくるぞ〜!!


★ (No Subject) / 眞吾  No.120 - 2004/03/15(Mon) 22:55
はじめまして。
なぜかこのページにたどり着きました。
河先生の作品は、いらかの波しか知らないのですが、自分の娘(2歳)に「茜」と命名してしまいました。


★ さくらと黄色い電車 / 水紀  No.119 - 2004/03/11(Thu) 04:03
今回の扉絵も航太に似合った春色でいいですね。
春色と言えば、やっぱりミナさんに出てくる黄色い電車。
画像を探してきました。
この辺はこれからの時期桜満開ですごくきれいな場所です。
http://www011.upp.so-net.ne.jp/s-takao/photos/R221-12.html

今では銀の車体に黄色い線が残るだけになってしまいましたが春になると思い出す、黄色い電車。復活して欲しいなあ。
>あさがおさん
「わすれな草」のはじめの絵ですよね。河先生のイラストポエム風の。
私もあの温かみのある優しい絵は大好きです。


★ とびら絵、さくら色ですね / あさがお(はち・ぽち・St)  No.118 - 2004/03/07(Sun) 11:22
めるさん、おじゃましま〜す。
とびら絵が春らしくて、うれしくなってしまいました。
河センセのこどもキャラは、「わすれな草」の回想シーンが印象的で、とてもすきなのです。
ちょっと美化かなと、おもっていたのですが、自分の甥っ子(3歳・あばれん坊)ですら、こどもらしいやわらかい線の感じあり、河センセの画力に感服。
こどもを描いた絵といえば、23年来、「ちひろ美術館へ行くぞ」といいながら、やっぱり果たせず。今年こそは・・・。


★ すてきな主婦たち / ゆーり  No.117 - 2004/03/03(Wed) 23:12
めるさん、みなさん、こんばんは。
今月号は、大手スーパーの食品売り場の中の雑誌コーナーで買いました。
そんなところにも置いてあって、ちょっとうれしかったです。
今回の話、いつもに増してよかったです。
みやちゃんとワンダーのコスプレ(?)もかわいかったし、みんなの思いも・・・
次回の展開がすごく気になります。


★ 年のハナシは・・・ / あさがお(はち・ぽち・St) No.116 - 2004/03/03(Wed) 21:44
八甲田山さん)
自分なんか後厄です。おおおっと、昨年、ウッカリ年齢の話をカキコして女性の方に不評だんたんだ。
「さびたナイフ」は渋いッスね。あの頃の自分には、大人すぎて違和感のある作品でした。日活青春映画に同じ名前があると知って、一度みたいと思っているのですが、未だ果たせず。河センセの思い出の名画かなぁ〜?
めるさん)
4月号(ワンダーのみ)よみました。本屋の閉店時間に間に合わず、コンビニで購入。この展開でめるさんが壊れてしまうなんて? ワンダーの大活躍にも平気だったのに?
日南さんの「おうち」は、キーワードなのですネ。そういえば、「一戸建ての借家住まいの新婚さん」なんて設定は、かなり非常識なのに今まで全く違和感を感じてなかったのが不思議。昔は「○○君のおうち」なんて言い方があって、「おうち」が建物を指すのか、家族を指すのか判然としないとこがあって・・・。
不動産業の自分の経験では、同じ賃貸住宅で10年以上も住み続けてくれるお客さんは、10%くらいです。家に惚れてなきゃ〜無理です。
ネタばれ、してませんように!


★ めるさん、水紀さん、あさがおさん / 八甲田山  No.115 - 2004/03/03(Wed) 01:06
当方は、不惑の年を越えてしまいましたよ。
もちろん現役時は私も詰襟で買ってましたが・・・・
いらかの波は人気でしたから当然覚えてましたが、(クイズはめたくそでしたw)
さびたナイフの方は、強烈に印象に残っています。
当方連載当時は単行本は一切買わなかった(金ないし…)ので、何べんも読み返したわけではないのに、せりふの一部をまだ覚えているくらいです。
「俺が指揮を取る」「ダチのポンコツ使ったのに・・」「男の方は(すでに?)死んでいます」(覚え違いは許してくださいw)
今は某作家の息の長い作品(某少佐)を単行本で買うのがやっとです。
おそらく河あきら先生の作品を読みたい時も、ネットで下調べしてから単行本、になると思います。


★ まあだだよ。 / あさがお(はち・ぽち・St) No.114 - 2004/03/02(Tue) 19:19
河川敷公園のみなさん)朝に本屋さんに寄れなかったので、お楽しみは今日の帰り道です。4月分だけ購入できれば、自分はしあわせです。
めるさんと水紀さんの反応、なかなか興味しんしん。
八甲田山さま)自分も男です。下校時に詰襟で別マを買っていました。が、電車の中で開くことはできませんでした。
かなパパさんも男性です。ほかにも男性の方、いませんか〜?


★ あ、めるさんこわれた? / 水紀  No.113 - 2004/03/02(Tue) 18:40
「すてきな主婦たち4月号」買いましたわ。
今日は前に並んだ人も「すて主婦」を持っていたので妙にうれしかったです。
今回は大洋君に急展開です。めるさんの驚きはわたしも理解できます。
はじめざっと通して読んだときは『うそでしょぉぉぉぉ』という感じでした。
何回か読んでしみじみとしたものがこみ上げてきました。
なので、今月号河先生の巻頭カラーですし、コミックス派のみなさまもぜひお手にとって(出来れば買って)みて欲しいです。


★ 『すて主婦4月号』買った。 / める  No.112 - 2004/03/02(Tue) 15:58
うおおおおおおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっっ!!!!!
こんな、こんな展開になるなんて
なるなんてえええええええええ〜〜〜〜〜〜〜〜っっっっっっっっ!!!!!!


★ 今日は3月1日 / 水紀 No.111 - 2004/03/01(Mon) 19:40
あしたは、『すてきな主婦たち4月号』の発売日です〜。
あさがおさんはこの日に3月号がゲットできるか楽しみではありますが。
各地で市町村合併行なわれてますね〜。今日から『TOKI草子』のモデルになった村、新穂村もなくなり、佐渡の島全体で佐渡市になったのだそうです。
で、千葉県でも先生のふるさとT市の名前がなくなるとか・・・。
寂しいものです。

八甲田山さま
はじめまして、水紀というものです。河先生の作品は昔も今もいいものが多いのでぜひぜひ読んで下さいませ。男の方には「すてきな主婦たち」タイトルからして買いづらいかもですが連載中の「WONDER!」おすすめです。(実はこのタイトル女のわたしでも買うのが恥ずかしい)