2005年11月

★ あと2日 / 「あさがお」

めるさん、おはようございます。
そろそろ、次号、発売!
単行本の予告がのっても、よいころではないでしょうか?
むりかなぁ。
No.512 - 2005/11/30(Wed) 10:35


★ みやチャン語、再履修 / 「あさがお」

めるさん、続けざまに、お邪魔します。
ずいぶんと、わき道へながれてしまい、申し訳ありません。
部活にリキいれすぎて、落第する学生みたいな、注意力の散漫さ。 恥!
以前に途中で投げ出してしまった「みやチャン語」研究。
4歳以上は解読できるのですが、2〜3歳がむづかしい。
でもって、前回は履修放棄してしまいました。
今度は、ちひろくんで、再履修に挑戦!します。
目標)大洋より先に習得したいと思ってます。
No.511 - 2005/11/21(Mon) 16:47


★ どこからがプロだろうか・? / 「あさがお」

かなぱぱさんの言われる「卑しくもプロの作家を名乗るなら」はキツイですね。
でも同感でもあるんです。
自分の場合、プロの作家さんには2種類あって、「本当の作家」と「アルバイトの作家」に
分かれると思うんです。
五木寛之さんがこんな風に記者を怒っているのをTVで見ました。「あんな奴らと同じだと
思わないでほしい。片手間で作家をやっているのまで作家と呼んでほしくない」
アルバイトが精進して、いつか「本当の作家」さんになってくれればいいなぁと思います。
「本当の〜」になる前に簡単に出版されてしまうのは、いけないことなんかもしれないけど、
出ちゃうんだよなぁ。これが。
No.510 - 2005/11/17(Thu) 03:05


★ 今回の盗作に思う事 / かなパパ

正直な感想を言えば「資料カード」って何?
笑わせてくれるわって思います。
昨年もアイドル歌手が他人の詩を盗作して問題になったけど
(ちょうど今頃ですね)
卑しくもプロの作家を名乗るならアイドル歌手並みの言い訳は情けない。
結局はプロ意識もなく、ただ感性にのみ流されて垂れ流す素人上がりなんだろうなあ。
表現の事ではないけれどSF作家の豊田有恒さんが自著で書いていたこと。
「宇宙戦艦ヤマトの基本プロットはある有名な小説を基にした。
その小説が判るだろうか?」
その答えは本の最後の方に載っていたけれど読むまで全然判りませんでした。
参考にする、というのはそれくらいオリジナルから離れる事なんだなあ、と感心した覚えがあります。
河先生の作品をそのままパクった漫画だってあるのが現実。
結局は民事であり被害にあった方自身がアクションを起こさなければパクリ勝ちなんですよね。
でも私は偽物はいつか本物の持つ力の前に消えていくと信じています。
宇宙戦艦ヤマトの元ネタ。
人々を救うためコスモクリーナーを取りに危険を冒し遙か彼方イスカンダルへ旅立つ…
人々を救うため三蔵の真経を取りに危険を冒し遙か彼方天竺へ旅立つ…
それは西遊記だそうです。
No.508 - 2005/11/17(Thu) 00:20


★ 「自分のためだけのスクラップ」にしとけばよかったのに / 「あさがお」

(12日夜、あちこち改変します。あさがお)
三原せんせが特徴的な文章なので、みつけることができたけれど、案外、他の作家さんのも混じっていたり
するかもしれないですね。今回の作家さんが、資料カードとかの対象にしていたのは、三原せんせだけなの
だろうか?
でも、自分の書いたものか、参考にメモしたものかがわからないなんて・・・?共同製作なのでしょうか?
  (製作と制作って、ちがうんですね)
高校のときの学内雑誌に「この檻の中で」ってタイトルで小説もどきを書いたことのある前科持ちの自分です。
自分も、近いところにいるかもしれない。(三原せんせには「動物園の檻の中」って、リズム感のあるタイ
トルがあって、これをまねたつもりでした。)
内容は、ただの高校生の私小説風で、満員電車のなかで、うつらうつら考え事をしているだけの話だったはず
なのですが・・・。はみだしっ子とは、まったく関係のない話。
建築設計の知人A氏が、「まねされるようなら、やっと自分も一人前」と笑っていたことがあります。「オレ
にかなわないと思ったやつが、まねをするんだ」と思えば、「負けた奴にムチうつのもかわいそうだ」と、言
っていました。
格下の人間がマネするのはしょうがないか・・・。
今回は、言語上の類似だけが問題になっているようです。ストーリーやテーマまで似ていたら、ぶっ飛ばして
やりたいところなのですが、はてさて。
今回の作家さんは、表面だけマネているあたり、「孔雀の羽に魅せられたカラス」で、小物なんだと、思います。
はじめてボブディランの「風に吹かれ」をきいて、何で日本のフォークをコピーしてるんだ?と思った自分。
これが「木枯らし泣いた朝」にでていた外国の歌をそのまま歌ってる奴のことかなと勝手に合点。でもちがうかも。
  日本の歌が好きだっただけに、脱力しました。
似てないように見せつけるのが、プロの仕事なんですね。
No.507 - 2005/11/11(Fri) 15:03


★ 今月号 / める

読みました〜。
大洋、あいかわらずかわいいヤツ。
今回、航太の活躍のシーンが少なかったですが、そのぶんみやちゃんがかわいさ爆発でした。
こういうお話はほっとするなあ。
でもまた来月はゆっきーくんを巻き込んで一波乱ありそう。
うう、つらいハナシは勘弁してね、先生〜。
No.506 - 2005/11/10(Thu) 20:12



★ 『だれのための綾織』 / める

水紀さん
その盗作問題、いつも覗いてる三原系のチャットで話題になってました。
買って読むのも業腹なので放置していたんですが、詳しい内容はそういうことだったんですね。
一応の決着も見たようで、よかったです。
著者の言い訳は納得できませんけど。
それにしても、こういうのの制裁ってないんですかね。
発行禁止や回収だけでは、出版社が損失を出しただけのような気がします。
もちろん、そんな本を出した責任ってもんがあるのでしょうが、出版社が被った損失の何割かは本人に
負わせて欲しいものです。
三原さんが生きておられたら、きっと大事にはなさらないんだろうなと思いますけど。
ファン心理としては穏やかじゃありませんよね。
河先生の身近にも、峰サンみたいに「盗作」と「参考」の線引きが甘い作家さんがいたと言っておられ
ましたし、本人の意識の低さがあるんでしょうね。
いい作品に感銘を受けて、それがインスピレーションの引き金になればいいですが。
『だれのための綾織』には、「三原ファンをなめるなよ」と言っておきましょう。
No.505 - 2005/11/10(Thu) 19:39


★ はみだしっ子を盗作 / 水紀

めるさんこんばんは。
板違いなのはわかるのですが。
こんな記事を友人が知らせてくれました。
http://www.geocities.jp/flutter_of_earthbound_bird/
河先生も「すでにもう善人」をパクられたとしか思えないドラマが
あるし。マスコミに働く人って何考えてるんでしょうね。
この書き込み。不穏当と思われましたら・・・削除願います。
No.504 - 2005/11/09(Wed) 00:13


★ 昨晩、AMPMで買えましたが・・・ / 「あさがお」

寝不足気味で、コンビ二袋から出すゆとりもなく、爆睡。
今日、仕事が終わったら、ゆっくりと・・・。
水紀さんも、お疲れ様のご様子、
センちゃんの締め切りあけみたいだらぁ〜。
No.503 - 2005/11/03(Thu) 21:57


★ 主婦買いました / 水紀

私ともあろうものが、発売日を忘れていました。
今日は3日休日だな・・・ふと朝、8時に思い出して
あわててampmに走りました。
私のためにまだ残っていてくれました。
今月号は大洋くんメインでしたね。
ちょっと脳が腐っているのでまだちゃんと読んでないんで
感想がかけません。
No.502 - 2005/11/03(Thu) 16:34


★ ロボットの巡礼さん / 「あさがお」

めるさん、お邪魔します。
巡回に登録しました。しかし、成果があがるのは、いつの日か・・・。
下記アドレスから巡回の推薦ができます。
メルさんの職場HPもできたら登録してみてください。
http://login.yahoo.co.jp/config/login?.src=srch&partner=&.v=&.u=&.intl=jp&.done=http://submit.
search.yahoo.co.jp/add/request
No.501 - 2005/11/01(Tue) 16:02