2007年2月

★ 今日で二月も終わり / かなパパ

なんとか間にあったかな(笑

昨日の夜、石原さとみさんが主演のドラマを見たんですが
なんか、昔のバッドエイジシリーズのような展開でした。
とはいえ、子供との接し方が判らない母親の気持ちの描き方が浅くて
河先生ならもっと深く描くよな〜などと思ってしまいました。

と言うわけで
求む!別マ時代の作品のコミック化!!(笑
No.760 - 2007/02/28(Wed) 23:23:35


★ うわ!出遅れた。 / かなパパ

RURIさん
初めまして。
「いらかの波」のファンですか。
私も姉が持っていた別マで「いらか」を読んでからファンになりました。
河先生の作品には結構重いものもありますが
「ご町内のミナさん」は明るくコメディタッチなので
楽しく読めると思いますよ。
これからもよろしくお願いいたします。

あさがおさん
2月ですでに挫折か?状態ですねぇ。
でもまだあと三日あるしきっと大丈夫・・・かな。

No.758 - 2007/02/25(Sun) 23:15:11


★ おおおっ! さすが、地元! / 「あさがお」

めるさん、こんばんわ。
またも月末がやってきました。これを過ぎれば、発売日!
河センセの単行本3巻連続刊行なんてはなれ技! 本当に実行されてしまうのですね。
昔、そんな夢を見たことがありましたが・・・ついに!(!男泣き!)
きっと、連動企画で、本誌のほうでも「それなりの」企画が進行しているのではないでしょうか。
「赤い瓦屋根」のお家は建ったものの、仕事にかまけて手入れをしないので、「くすんだ茶色い瓦屋根」になってしまっているとかって、そんな企画はないのでしょうか? 
渡くんちが、一姫二太郎だったりすると、子供たちのキャラが親に生き写しになっていたりとか・・・・。(・・!妄想中・・!)

RURIさま
いらかの波があるだけでも、リッパです。
当方近在のブック○フには、それすら見つからない状態。
古レコードを探す知人が、
演奏者の地元にいくと、見つかりやすいといっていましたが、
やっぱり東金は地元です。

かなパパさん!
月2回の公約を守るには、そろそろ出番ですよ。

No.757 - 2007/02/24(Sat) 22:13:54


★ (No Subject) / RURI

めるさん>
東金市の旗!見たことありますよ!!
旧道(だいぶ寂れてる)の街灯に付いてます。
あれ、河あきら先生のだったんですね〜。
そう言われてみると目の辺りが渡くんに似てるような…
「ご町内のミナさん!」も探して読んでみますね。

あさがおさん>
はじめまして。
近所のブッ○オフでちょっと見てみたのですが、
やっぱりいらかの波しかありませんでしたー(泣
がんばって探そう!!
最新作もチェックしてみます!
これからもよろしくお願いしますm(__)m

No.756 - 2007/02/20(Tue) 09:04:38


★ RURIさま、こにちわ。 / 「あさがお」

RURIさま、こにちわ。
居候の「あさがお」です。
管理人さんに家賃も払わずに出没しているので自称「居候」です。

さて、河センセの作品、ネットオークションでは手に入るものもあるのですが、通常の古書店ではなかなか、見つからない状況です。
それでも読みたいというときには、No.698 - 2006/10/12(Thu) 13:57:29 のところを見ていただくと、mickeyさんのカキコミからネットコミックで河センセの作品を読めるようです。(自分は使ったことがないのですが・・・)

最新作の「Wonder!」は、毎月2日発売の「すてきな主婦たち」で連載中。
セブンイレブンやAMPMでも書棚に並んでいることがあります。
ぜひチェックを!

No.755 - 2007/02/15(Thu) 18:42:35


★ いらっしゃいませ、RURI さん! / める

RURIさま
はじめまして。
ようこそ「河のある風景」へ。(^▽^)/
わたくし、当サイトの管理をしております、めると申します。
RURIさんは東金にお住まいですか〜。
もしかして商店街にはトキの絵の旗だか垂れ幕だかが下がっていませんか?
それって、河先生が商店街の役員さん(?)をやっているご学友に依頼されて描かれたものだそうですよ〜。わたしもその旗を送っていただいたのですが、なかなか写真に撮ってこちらにアップする機会がなくて。
東金をよくご存知ということは、河作品のいろんな楽しみ方ができそうですね。
「ご町内のミナさん!」に出てくるミナさんの実家近辺の風景って、東金町そのまんまなんでしょうか?ぜひ「ミナさん」も読んで解明していただきたいです〜!

「いらかの波」は不朽の名作ですよね。
私は15年くらい前(いらかの連載終了後10年以上経ってから)読み返して、あらためて河先生にファンレターを書いた覚えがあります。
いらかのあの純粋でまっすぐな世界がきらきらして見えましたね。

なかなか単行本化されない作品も多いですが、ぜひ他の作品も読んでいただきたいです。
個人的にオススメは「ご町内のミナさん!」「おねえさんと一緒(単行本では未完)」そして現在連載中の「WONDER!」。よろしければ感想をお聞かせください〜。

あまり更新できない気ままサイトですが、ときどき覗きに来ていただけると嬉しいです。
大工のお父さんにもよろしくお伝えくださいね〜。
(大工さんとか職人さんって憧れるの〜vv(≧∇≦))

No.754 - 2007/02/14(Wed) 21:13:13


★ はじめまして!! / RURI

こんにちは。
千葉県東金市在住のRURIと申します。
先日、久しぶりにいらかの波を読みかえして
ネットで河あきら先生について調べてみてびっくりしました。
東金出身だったんですね!!
正和育成園の最寄(?)駅が『西金』なのも納得です(^^)

余談ですが私の父は大工なんですよ。

河あきら先生の作品はいらかの波しか読んだことがないのですが、
これから他の作品も読んでみようと思っています。

No.753 - 2007/02/14(Wed) 10:36:29


★ (No Subject) / 「あさがお」

めるさん、こんにちわ。

編集さん言われるところの「ブラックワンダー」は・・・世のため人のために穏やかに癒すばかりじゃなくて、荒療治もするということで。・・・

>>なるほど、ワンダーのダークサイド(つまり「闇の仕置き人」)がみられるという意味ですね。昼間は「のほほん」と、好々爺なふりをしているが、夜になると実話・・・。
ブラックな面は、大魔神の「怖いほうの顔」と同じ意味なんですね。ガッテン!

(ネタばれはしないのですが、誤解を誘引するような書き方になっています。ご注意ください。本編は、「名犬ワンダーがカンザシをくわえて夜の街を走り抜ける」というような、勧善懲悪アクションものではありません。未読の方は、書店でご確認のほど、お願いします。)

No.751 - 2007/02/10(Sat) 13:59:45


★ 今月のワンダー / める

どもです。
ホントに単行本化されてない作品が多いですよね。
何とかして読めるようにならないもんでしょうか。
コミックスを発売すれば店頭で見かけないくらいだし、『ミナさん』1巻なんて絶版だし、ちゃんと売れてると思うんだけどなあ。
今回の「単行本に入ってる作品を再掲載なんかするんじゃない!」って意見をアンケートに書くの忘れちゃったんですよね。なので、河先生へのお手紙の中に「編集さんに文句言っておいてください〜」ってお願いしちゃいました。「他に読みたい作品はいっぱいあるんだ!」と(先生はご迷惑だったでしょうが(^^;ゞ)。
皆さんもアンケートでこの憤懣を訴えましょう!

ところで、あさがおさん。
編集さん言われるところの「ブラックワンダー」は『WONDER!』の物語全体がではなくて、犬のワンダーがブラックだねということですね。世のため人のために穏やかに癒すばかりじゃなくて、荒療治もするということで。
お話そのものは、まあリュウくんや最初のトシヤくんのことを考えるとマシかなあという気もしますね。本人はつらい思いをしてるんですが、なんせ決着が早かったから(^0^;)。

今回面白いな〜と思ったのは、大洋に「子供が不憫に思えても家に連れてきたりするな」と釘をさされて「まさか」と全然そんな気がない様子だったかおりが、当の少年には「つらかったらいっしょにいらっしゃい」とあっさり言ってしまってる場面ですね。
寒そうに飢えてる子供を目にしたら、見かねて何とかしてやりたいと思っちゃうんですね。かおりさんパワーだなあ。
あと、かおりさんのマフラーにくるまってる少年の表情が幼くてかわいい。ひったくりしてるときの鬼気迫る顔とは大違いで。

あ、ネタばれしちゃったかな。

No.750 - 2007/02/10(Sat) 05:17:53


★ (No Subject) / ゆーり

こんにちは、めるさん、みなさん。
主婦たち買いました。
河先生の作品、2本というのはうれしいけど、あちらは
単行本にも入ってますよね。
はやりだから、取り上げられるんだろうと思うけど。
親子テーマでも、きっと違う、もっとあたたかい作品もあるはず。
そういうのを載せてほしいです。
めるさんの書いてるタイトルの話、全部読みたいです。

No.749 - 2007/02/04(Sun) 12:16:27


★ 読んでないの・・・ / くみにょん

めるさんが挙げていたタイトルのお話、全然読んだことないです。
多分、子育て時代で本屋さん回りとかしていなかったり、そもそもどの雑誌に載っているのか全然わからなかった時期がありまして・・。

やはりコミック化して欲しいですよね。
何とかできないんでしょうか?

No.748 - 2007/02/03(Sat) 23:47:08




★ めるさん、よかった!  / 「あさがお」

めるさん、おじゃましま〜す。

順調に復活されているとのこと、
よかったです。
でも、まだまだ寒いので、ご注意ください。

>河先生の編集担当さん  (またもメチャぶり)
「今回は河先生の編集担当さん曰く「ブラックワンダー」です。」
とのことで、おそるおそる、読んでしまいました。
でも、警察も病院もでてこなかったので、ホッ。
このくらいで「ブラック」?1〜2巻にくらべれば、まだまだ!
  ・・・「不幸を自慢する人には、幸せは寄ってこない」といわれたのに、つい・・・

でもって、「遺された未来」はきつかった。
すでに単行本に収録されている作品を、
同じ出版社の雑誌で再購入することになるとは・・。ナットクいかない!
このオトシマエは、「河あきら特集」の3ヶ月連続くらいでないと・・。

ワンダーの連載が始まってから、お休み(休載)のない河センセ。
お疲れではないですか〜?

No.747 - 2007/02/03(Sat) 20:30:46


★ 特集で / める

「遺された未来」も収録されてました。
読んでない人もいるので再掲載されるのは嬉しいのですが、せっかくならコミックスに収録されていない作品を載せて欲しかったです。
この話、かなりきついものがあるし‥(TдT)。
WONDER!本編がちょっと重めだったので、明るい話で‥、「ネズミたちの週末」とか好きですけどね。シーズンがずれちゃうけど「ホーリーナイト」なんて大好き。
何年も経ってるから、他の出版社の雑誌に載った作品でもいいんじゃないでしょうか。
子供の特集だから「星のくさり」や「春風のこども」「きらきら星の国」がいいかな。
明るく能天気でちょっとへんなワールドの「なんか妖怪?」も楽しいけどなあ。
いややっぱり再録よりもコミックス化してほしい〜。

No.746 - 2007/02/02(Fri) 21:44:55


★ ありがとうございます。 / める

みなさま
あたたかい見舞いのお言葉、ありがとうございます。
おかげさまで身体の方は大丈夫です。
3週間経って、受傷時から痛んでいた右足の捻挫が燻っている程度で。
これも受傷後安静を守れれば早々に治ったんでしょうが、なんせ職場で走り回らずにはおられない状況だったもので。ちょっと全快に時間がかかってます。
それでも普通に歩く分にはまったく問題がないので。
おそらくすぐに気にならなくなることでしょう。

ずっと仕事には出ていましたので、今日も帰りにコンビニに寄って「すて主婦」を購入してきました。
今回は河先生の編集担当さん曰く「ブラックワンダー」です。
お手紙で河先生からそう伺っていたので楽しみにしていましたが、読んでなるほどです。
航太になってる時の方がかわいかったですが。
キジマさんにもウケてたし。
それはそうと、キジマさんって「鬼島」さんかなあ?
へんちくクラブのオニさんはまだ若いだろうから(45歳くらい?)、オニさんのお父さんとか。いや、キジマさんには身寄りがないんだっけ(また妄想だよ‥)。

コミックスの発売予告はなかったですね。
もったいつけるなあ、双葉社。

No.745 - 2007/02/02(Fri) 21:31:07


★ めるさん、「お見舞い なぁに?」 / 「あさがお」

めるさん、「すて主○」の捜索に出れないようでしたら、ご一報ください。
お見舞い代わりに、宅配便でおくります!
このところの、わが町のコンビニ&本屋さん状況では、都合3冊までなら確保できそうですので、ぜひ、お気軽にご用命ください。

かなぱぱさま
自分の誤解が、とけました。
ツンとデレが、時間差で現れるのではなく、
本心はデレなのに、表向きはツンをよそおうというコトなんですね。

応用編)
たとえば、ワンダーの登場人物でいうと・・・、
・・・山代さんか、ばーたんですね。(ちょっと、無理かなぁ)

No.744 - 2007/02/01(Thu) 23:34:11