河あきら作品 人名辞典

なかざと-としみ   中里 俊美【太陽への道】
 愛称シュン。バンド「サンライズ」のボーカル。光(めぐみ)が家を出て働いていた喫茶店「メイト」で歌っており、光に惚れていた。

ながさわ-まもる   永沢 護【わすれな草】

なかせ-くん  中瀬くん【夢の島の23万円】

なかた-じろう   仲田 次郎【わたり鳥は北へ】

なかはら-かずや   中原 一也【にぎやか丼】

なかはら-けんじ   中原 研二【にぎやか丼】【ジグザグ・パラダイス】

なかはら-ちさと  中原 千里【にぎやか丼】

ななお-せんせい  七尾先生【あしたのシノプシス】
 まなみの父親で大小説家。放浪癖があり、年中旅をしているかと思えばホームレスと寝食をともにしていたりする自由人。

ななお-まなみ  七尾 まなみ【あしたのシノプシス】

にいな-やまと  新名 倭【ご町内のミナさん!】
 青年誌のまんが家アシスタント。ミナさん宅の裏のアパートに住み、火事騒ぎでミナさんと知り合う。物事の考え方や興味を持つ対象などがミナさんに酷似。自然体で生きているミナさんに惹かれていく。

にしおか-なな  西丘 奈々【夢の島の23万円】

にしおか-みき  西丘 ミキ【夢の島の23万円】

にしかわ-のりこ  西川 法子【朝陽翔びだす!】
 女子テニス部のキャプテン。美人で優しく、思いやりのある理想的な女性。彼女に憧れて陽クンがテニス部に入部したほど。

にしざわ-けい  西沢 恵【木枯らし泣いた朝】
 忙しさでバラバラの家族に淋しさを感じていたとき、公園でギターの練習をしているミッキに出会う。世間知らずのお嬢様だったがミッキの病気を知り、残り少ない彼の時間をともに生き抜く。

にしだ-なおこ  西田 尚子【いらかの波】
 島津亮をわがものとするため、あの手この手で迫り来る魔女。通称たたりの尚。小林克樹の憧れの人。モデルはとーぜん、まんが家、西尚美。

にしむら-せんせい   西村先生【いらかの波】
 設計士の資格を持つ建築学科担当の教師。厳しいがなかなか話せる渡の2年のクラス担任。オチコボレの渡の面倒をよくみてくれる。一児の父。

にしむら-みか   西村 美加【いらかの波】
 西村先生の一人娘。家が武井班長の近所であるため、渡がよく出入りしては遊び相手になっていく。そのためすっかり渡のコトバを身につけてしまった末恐ろしい少女。


ねお-みなみ   ネオ みなみ【ご町内のミナさん!】
 男に貢いで尽くした挙げ句、仕事に生きる決心をして改名した峰ナオミのペンネーム。この名になってからTV出演なんかもしちゃって、すっかりギョーカイ人になっている。おかげでミナさんも引きずり込まれることしばしば。現在、以前新名氏と関わりのあったまんが家とおつきあい進行中。作品のブレーンも務めているらしい。

ねぎし   根岸【いらかの波】

のぎ-よしこ   野木 良子【なんとかしてよォ】

のりこ   のり子【メシあがれ!】

辞典目次