河あきら作品 人名辞典

はかせ  博士【あなたは笑うよ】
 友紀のクラスの生徒で、下宿に遊びに来るグループのひとり。マジメに論議したがるヒコの友人。

はやま  葉山【木枯らし泣いた朝】
 ミッキとともにフォークソングを歌う、グループの紅一点。後から首をつっこんできた恵が気に入らなかったが、ミッキの病を知り、やがて協力しあうようになる。

ひさこ  久子【かっぱの朝ごはん】

ひとみ-きょうこ  人見 香子【おねえさんと一緒】
 らびあんのママ・沖村達也に恋する、ハルの学校の英語教師。らびあんの地主・人見物産を父に持ち、権力にモノを言わせるわがままなお嬢さん。ちょっと常識が通用しない。

ひなみ-かおり  日南 かおり【WONDER!】
 夫・大洋とふたりで自由な生活を送っていたが、義理の甥・航太を預かることになり、徐々に母性が目覚めていく。娘のみや、イヌのワンダーが加わり大所帯になる。

ひなみ-こうた  日南 航太【WONDER!】
 母の死によって、大洋とかおりにそだてられることになった少年。年齢にそぐわない冷静さを見せるが、家族への思いは人一倍備えている。

ひなみ-たいよう  日南 大洋【WONDER!】
 かおりの夫でみやの父親。干渉しない約束の夫婦関係がアダになり、別れたつもりのオンナから嫌がらせをうけることもしばしば。普段もの静かだが、家族への愛情ゆえ暴走してしまう熱さももっている。

ひなみ-みや  日南 みや【WONDER!】
 かおりと大洋の一人娘。人見知りしない天真爛漫ぶりですでにアイドル。

ひなみ-みや  日南 美也【WONDER!】
 航太の母親。不倫の末に生まれた航太を女手ひとつで育てていたが、若くしてストーカーの男に殺害されてしまう。

ひなみ-かいと  日南 海斗【WONDER!】
 大洋の兄の長男。航太と同い年だが恵まれた環境で育ち、身勝手なところがある。航太の生き方に反発を覚え、大学生活中航太に干渉するつもりでいる。優秀な二人の姉を持つ。

ひの(おひの)  日野(お日野)【わが同志!】
 ドリちゃんの悪友。小説家志望で読書家。富島健夫が愛読書。

ひゅうが-おさむ  日向 修【ゆがんだ太陽・太陽への道】
 暴力団・日向組組長の息子であるがゆえに、周囲から色眼鏡で見られている。普通の生活に憧れながらも諦めていたとき光(めぐみ)に出会い、新たな生活をに希望を見いだす。


ふくい-さん  福井さん【ご町内のミナさん!】

ふじわら-しゅういち  藤原 秀一【山河あり】

ふじわら-まさお  藤原 正夫【山河あり】

ふじわら-ようこ  藤原 洋子【山河あり】

ペペ-おばさん  ペペ-おばさん【ペペ-おばさんの涙】
 動物保護センターに保護されている老犬。期限が過ぎれば処分されてしまう動物たちの中で、飼育されている形でそれを免れていた。ユミの大切な話し相手だったが、利用者の苦情により処分されてしまう。

ほしかわ-れいこ  星川 麗子
 元生徒会長・島津亮の母・島津麗子の旧姓であり、少女モデルの名。元生徒会長が骨折で入院した折りには、病院の院長が熱烈なラブコールを送り、夫婦の危機を招くことになる。

辞典目次