いらかの波 大辞林


じちんさい地鎮祭】 
 「これから建築する家が、ずっと安全で平和であるようにって土の神さまにお願いする祭りごと。」と、本に書いてあったらしい。

しゅうがくりょこう
修学旅行】
 中学時代は京都、高校は北海道。高校の修学旅行当時は、茜の昭二との婚約が決まりそうで気が気じゃなかった。 

しゅうげき
襲撃】
 正和育成園で、子供たちのゲリラ部隊が調理場の食料を襲う事件。渡が在籍中は日常茶飯事だった。院長先生は、この事件が起こったことにより渡が帰ってきていることを察知、ホコリを立てて群れ走る子供たちの中から、渡の首根っこを引っぱり出すこともできる。さすが、凄腕である。

しょうちゅう
焼酎】 
  渡が茜の家に来ては1本空けていく好みの酒。ヤツはけっこういけるクチ。

すみつぼ墨壺】 
 小林のお母さんに17歳の誕生日にもらった、まっすぐな線を引くための大工道具。渡にとってお小遣いをためて買ったカンナに次ぐ宝物。

せいきょうこうぎょうこうこう成京工業高校】 
 渡の在籍した高校。ここで浅野や武井、吉沢明美と出会う。

せいざ
正座】
 中学の久米先生の口癖とも言える体罰。渡は度々この罰を受けるが、ヤツに堪えた様子はみられない。

せいず
【製図】 
 渡高校2年の夏休み課題。カケイボのマイホーム建設の手伝いとコレのおかげで、他の宿題はまったく手つかずだった。

辞典目次