ご町内のミナさん! 大辞林

なつまつり【夏祭り】 →第3話
   毎年町内会の役員さんが大ハードになる、1年中でいちばん大きなイベント。その何週間も前から設営準備や寄付金集めに奔走する。ミナさんもこの日のためにスケジュールを調整する。→おまつりシフト

−のポスター  毎年新名クンが描いてくれる元絵に、子供会の子供たち着色し、クリーニングやさんがラッピングして掲示板に貼られる。子供の感性で着色されるため、かなりソーゼツなポスターができあがる。→第17話

−レポート  ミナさんが広報部に就任した年、副部長として唯一与えられた仕事。2日間の夏祭りを取材し、簡潔にまとめて自治会だよりに掲載する予定だったが、1日目を見事に寝過ごして冷や汗をかく。翌日のレポートをまとめ、掲載された自治会だよりにミナさんはご満悦で、編集者に見せびらかすほどだった。→第9話




ねんまつしんこう【年末進行】 →第6話
   出版社や印刷所が仕事納めをする関係上、作家の〆切が通常の時期より早まること。これをこなしてしまえば正月休みが早くやってくるというが、連載以外にも仕事を受けている場合はそうはいかない。

のしもち【のしモチ】 →第6話
    保存用に薄く伸ばしたおモチ。短冊に切ってカキもちにしたり、賽の目に切ってアラレにしたりと活用法はさまざま。F町では正月用のモチといっしょにつき、ビニール袋に入れて伸ばす。熊野さん直伝のワザである。