ご町内のミナさん! 大辞林

マイタケ →第5話
   自治会役員さんに誘われた慰安旅行に参加しなかったため、会長の高山さんと副会長の富山さんが持ってきてくれたお土産。かずえちゃんに役員の仕事についてけちょんけちょんに言われた後だったので、(モノにつられたワケではないが)そういうおつきあいも悪くないと気を取り直すことができた。

まつしまや【松島屋】 →第2話
   ミナさんちの並びにある酒屋さん。ミナさんの所属する17班の班長さんでもある。

まんがかじょしゅ【まんが家助手】 →第15話
   新名クンの本職。アシスタントともいう。プロのまんが家さんの背景や効果を手伝うワザのいるお仕事。新名クンの職場にはもう2人アシスタントと仲間がいる。

まるぺん【丸ペン】 →第19話
   まんがを描くとき新名クンが使っているペンの種類。他のスタッフも丸ペンのようだが、まんが家の先生はGペン。やはり背景を描くには細い丸ペンはちょうどいいのかな。


みなつきしま【水月志真】 →第1話
   ミナさんの小説家としてのペンネーム。ツキシマミナを適当にひっくり返してつけたらしい。この命名方法は自治会の役員さんにウケがよかった。峰さんもまねっこし、新名クンに至ってはもうちょっと発展させて合体ワザも使っている。

みなみのしまのしょうがくせい【南の島の小学生】 →第13話
   雪を見てはしゃぐミナさんの形容。命名かずえちゃん。ちなみに毎度のことながら新名クンも同類。


むぎわら【麦わら】 →第3話
   はじめての夏祭りの準備の時、帽子を忘れてきたミナさんに福井さんが貸してくれた麦わら帽子。そのさりげなさがかっこよかった。永い役員歴を持った福井さんの配慮が伺える。


もちつきたいかい【もちつき大会】 →第6話
   毎年年末に行われる町内会行事。大人といっしょに子供がおモチをつくことができ、回覧板でまわった引換券をもっていけばパック入りのおモチがもらえる。福井サン特製のとん汁もいただけるけっこうなイベント。